« 今年のカボ玉 | トップページ | カボ玉大王 »

2010年6月30日 (水)

箱遺伝子・ビン編

昨夜は土砂降りになったと思ったら雷鳴鳴り響き、派手なこと派手なこと。

お陰で気温が一気に下がり、朝の室温は25度ほどでした。前日の室温が33度(湿度は75%)もありましたから、爽快至極。避暑地みたいです。

その後の日中も、湿度が昨日より大幅に低下しており、風も吹きぬけてゆきますので、この時期にしては過ごし易い一日です。

さて、箱遺伝子のなせる業、ガラス編をば。

使い終わったゴマ油のビンを捨てよう(リサイクル)と思って、蓋を取りラベルを剥がし洗剤でゆすぎましたら、あらあ~ん、なんて素敵な形ざましょ。捨てるなんてもったいない・・・とコレクション入り。

写真が上手く撮れていないのですが、形の綺麗なこと。まるで貴婦人が佇んでいらっしゃるみたい・・・

100630bin1

100630bin2

↑窓辺のコレクション。右端は、ワイワイが海外から持ち帰った洗剤?の空き容器。色がとっても綺麗です。わたくしが喜ぶだろうと、捨てないでとっておいたとか。

中央は、箱遺伝子物件ではありませんが、わたくしの好きな「琺瑯」のポット。コーヒーいれるのに使います。

琺瑯の材質感がとても良いのです。琺瑯大好きです。

できることなら、鍋全部琺瑯にしたいくらい、ボールも洗面器もバスタブも琺瑯にしたい、昔糠床を琺瑯容器にしてたのにガラス質にヒビが入って欠けちゃってそこから腐蝕して穴が開いて捨てちゃったけどああ悔しい・・・

(琺瑯のヤカンはワイワイが2度空焚きして中がぼろぼろになっちゃったけどまだ使ってます)

話が逸れました。ただのゴマ油容器の空き瓶のデザインのなんと美しいこと。つくづく、工業デザインの優れたものは、美術品だと思います。

好みの問題でしょうが、わたくしは「自称芸術家」の作り出すものが好きではありません。

趣味の陶器、大いに結構ですが、安易に「作品」を贈呈下さるな。ご飯を食べるなら「職人」さんが作った「製品」の茶碗がいいです。

(近年頂いて嬉しかったのは丹念に編込んだビーズネックレスです。「さるぼこ」ブローチなんぞ頂いた日にはどう始末しようかと悩みました。)

|

« 今年のカボ玉 | トップページ | カボ玉大王 »

ちまちま箱遺伝子」カテゴリの記事

コメント

わあ。さすが。

投稿: な | 2010年7月 1日 (木) 00時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525834/48757806

この記事へのトラックバック一覧です: 箱遺伝子・ビン編:

« 今年のカボ玉 | トップページ | カボ玉大王 »