« ああ箱遺伝子・・・ | トップページ | 中庭うじゃうじゃ »

2010年5月28日 (金)

カメラ携帯の性能と箱遺伝子

カメラ付き携帯を買い換えたのは今年(2010年)の2月です。
新機種はソニーエリクソンのS002。

新機種はさぞかし便利だろうと思ったのですが、正直少々使いづらいです。

一番の理由は、カメラ機能。カメラのレンズが本体の裏についてます。それまでのは蓋についていました。

それはどういうことかというと、携帯を縦に構えてシャッターボタンを押そうとする時、携帯持つ指がレンズを覆ってしまう・・・覆わないように持ち変えると不安定で・・・

横に構える時には両手で持たざるを得ないので指問題はないのですが、画面とレンズの位置が結構離れているので、アレレとつぶやきながら構図を決めることに。

慣れ、なんでしょうね。慣れればいいんです。いまだに慣れないけど。

もう一つ。以前の携帯は、マクロ撮影への切り替えが蓋の横のつまみをスライドさせるだけでできました。新しい携帯にはつまみがない。=マクロ撮影が出来ない、と思っていました。新しいカメラ携帯は不便だなあ・・・

そんな馬鹿な話があるはずない、と気づいたのが昨日。メニューをいじりまわしました。

「カメラ」機能を立ち上げ「モード」を選択して撮影画面が出てから表示される「機能」を押して「オートフォーカス」を選択し「マクロ」を選択すると、おおお、マクロ撮影ができる。

で、「マクロ」にして、昨日の缶を撮って見ました。(とことん箱遺伝子の仕業)

ほほほ、雪印も星もちゃんと写ってますでしょ。

100528kanl

100528kanyuki

100528kanhosi

色もちゃんと金色(金泥)に写ってます。

|

« ああ箱遺伝子・・・ | トップページ | 中庭うじゃうじゃ »

ちまちま箱遺伝子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525834/48476986

この記事へのトラックバック一覧です: カメラ携帯の性能と箱遺伝子:

« ああ箱遺伝子・・・ | トップページ | 中庭うじゃうじゃ »