« 鳩に乗っ取られる〜 | トップページ | 風邪引きの出来上がるまで »

2010年5月11日 (火)

新スキャナ快適

10年使ったスキャナが不調で新しいのを買い、とりあえず自宅の旧式Mac、USB1.0につないだら、ゆっくりもっさりで、使えないことはないが使いたくない・・・というのを前々々回に書きました。

そもそも、仕事場のWindows XP USB2.0用に買ったものです。このWindowsマシン、無駄に高性能というか、Intel Pentium 4 CPU 3.20GHzです。

もう1台古いマシンがありまして、強引にXPにグレードアップしましたが、AMD Duronで850Mhz、USBは1.0。実は古いスキャナはこちらで使っていたものです。

2.0用を1.0に繋いだら意味ありません(自宅と同じ状況になる)ので、高性能XPへ繋ぎました。結果は、しゃかしゃかスキャンの早いこと。ストレスゼロ。

というか、今まではスキャンに時間がかかるので、スキャンヘッドが移動している間に本を読んだり、サイト検索したり、とよそ見ができたのですが、新しいスキャナはあっという間に取り込んでくれますので、合い間に別のことをする余裕がありません。しゃーしゃーしゃっしゃっ。

新しいスキャナはCanon CanoScan LiDE 200 2924B001」。
以前使っていたのが同じメーカーのCanoScan N656Uですので、使い勝手が同じだろうと思ったのも、機種決定の理由の一つです。

いやあ、機能が大幅にアップしてましたねえ。スキャナドライバを呼び出して拡張モードにすれば、自動色調整やらモアレ低減やら逆光補正やらやってくれるし、スキャン範囲も検出してくれるし、いたれり尽くせり。

難点は、高機能になっちゃったので、前の機種みたいに直ちに「ScanGear」を立ち上げてスキャン体制に入れないこと。MN Navigator EXを立ち上げて、「原稿/画像の読み込み」を指定して、さらに「スキャナドライバを使う」をチェックしてやっと「ScanGear」を立ち上げられる。

一発で「ScanGear」を立ち上げる方法はないですかにゃあ。多分「ScanGear」以外でスキャンすることはほとんど無いですから。「環境設定」なる項目があるのですが、クリックしようとするとずっと「待ちカーソル」になってしまうのです。

(マニュアルをじっくり読めばよいのでしょうね。)

それにしても、7000円台でこのような性能のスキャナが手にはいるとは、いい時代になりました。おまけの画像加工ソフトPhotoStudioも、Photoshopを部分的にしか使ってない人にはちょうどいいくらいのソフトだし・・・

2010.5.25追記:一発で「ScanGear」を立ち上げる方法。本体ボタンの「スキャン-1」の設定を「スキャナドライバを使う」にしました。本体前面のボタンを押して少し待つとスキャン画面(ScanGear)が立ち上がります。マニュアルを読んだのでなく、弄り回してなんとなく設定したら、結果OKでした。メカってそんなものですねえ、と実感。

|

« 鳩に乗っ取られる〜 | トップページ | 風邪引きの出来上がるまで »

パソコンの悩み」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525834/48330760

この記事へのトラックバック一覧です: 新スキャナ快適:

« 鳩に乗っ取られる〜 | トップページ | 風邪引きの出来上がるまで »