« 新スキャナ快適 | トップページ | 風邪引き-出来上がった後 »

2010年5月14日 (金)

風邪引きの出来上がるまで

只今風邪引き中。げほっごほっぶえーっくしょんつつつずずず(鼻水流出音)。

4月後半の低気温と連休の気温急上昇とその後の低気温(北関東で昨日は雪が降りましたとさ)が要因ですが、基本は体調不良です。自覚あります。

4月末、なんとなく疲れて朝起きるのが辛い日々が続きました。今更春眠暁を覚えずでもありませんでしょうに。

5月1日。金縛りにあいました。夜中、敷布団をぐいぐい引っ張られて困ったなと思っていたら、今度は敷布団が両側から折れ上ってきまして、柏餅状態になりました。

季節感溢れる金縛りだな、と思いつつ、金縛り状態には結構なれておりますもので、折れ上ってきた布団の両端を持って、む~す~んで ひらい~て 手をうって む~すんで ま~たひらいて・・・と少々遊んでしまったり。(この時点で金縛りでなくなっています・・・)

金縛りとは睡眠障害の一種です。すなわち夢。夢の中で、これは夢だと気づくのはそう珍しいことではありません。「障害」とつくからには、どこか身心が不調なはずです。

2日、実家に向う電車で久し振りにたっぷり酔いました。アルコール抜きで出来上がる乗り物酔いです。幹線駅から実家まで、普通ならタクシーで行くところを歩くという酔狂を演じたのは、たんにケチ精神からだけではありません。これ以上酔ったら再起不能になりそ。

たっぷり歩いたはずなのに、その夜は不眠気味でした。

3日、東京へ戻っても不眠。当然のように4日は絶不調で寝て過ごしました。5日は少しはましになったかも。

6、7日と仕事場へ行って、7日の午後にお仕事がはいりました。納期は月曜日というので土日しこしこ作業。日曜日は自宅で校正作業でした。途中猛烈に眠くなって、我慢していると目が回り始めて、これはいけませんとしばし昼寝。なんかさっぱりしませんなあ。猛烈な寒気を感じて熱を測ると36.8℃と微妙。

10日月曜日、このあたりからのどが変です。かさかさいがいが。そのうち治るだろうと思っていました。気温が下がって寒くなってきたのはこのあたりでしょうか。

暑い日が続いたので掛け布団をはいで綿毛布だけで寝ていました。寒いとは思わなかったのですが、冷えたかもしれません。のどが次第にがさがさいがいがで痛くなりました。

12日、痒いなあ、とふと気づくと両手首に発疹が。ぎええ。なにかのウイルスに感染したみたいです。2年前の水疱瘡以来、風邪を引くと手首に発疹が出来ることが多くなり、医者に行くと「感染性~」と診断されるようになりました。

えらいこっちゃ。医者に行けば、また抗生物質だのが処方されます。風邪なのに熱が出ないのがいけないのです。強制的に暖めて直してしまおう。

という訳で、生姜のすり下ろしに花梨酒と蜂蜜を入れて熱湯で割ってふうふう。しまいこんだ掛け布団復活。布団乾燥機もかけて足裏に直接温風を吹き付けて、なんだかいい気持ち、治りそう・・・

が、13日の夜、猛烈な咳が。だんだんと肺の奥から乾いた音が出始めます。これはいけません。脱水傾向かも。果たして水を飲むと咳が治まります。ぐびぐび、と夜中に相当量の見ましたが、出る方はちっとも・・・ そうとう脱水だったのかもしれません。

考えてみれば、日中はほとんど水分をとってませんもの。

で14日、朝起きれみれば、昨晩せっせと摂取した水分が鼻からぽたぽたと流れ落ちます。すなわち、鼻水女になっていました。発疹は消滅傾向です。

人体はウイルスなどの異物を排出するメカニズムをちゃんと備えていて、鼻水などで流してしまうようですが、流す水の補給がないと機能せずに様々な症状が長引くみたいです。

本日は盛大に水を飲みませう。

|

« 新スキャナ快適 | トップページ | 風邪引き-出来上がった後 »

病気・ケガ・あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525834/48354676

この記事へのトラックバック一覧です: 風邪引きの出来上がるまで:

« 新スキャナ快適 | トップページ | 風邪引き-出来上がった後 »