« 歩け歩け川に沿って | トップページ | 格闘withスキャナ »

2010年4月26日 (月)

歩け歩け 玉川上水編

土日は珍しく晴れて気温もよろしく良い週末でした。

ですので早速お出かけ。近場シリーズです。川沿いに歩くのが気に入ったので、今度は玉川上水にしました。遡っていくと小金井公園近くになります。このコースは以前何回か辿りました。

今回は下ってみませう。24日(土)の朝10:30出発。お家を出て地元駅に向いました。途中まで電車で行く・・・のではなくて、玉川上水は地元の駅のすぐそばを通っているのです。

構内を抜けていく手もありますが、線路下をくぐる地下通路を行きました。ちなみに、中央線が高架化されたとつい最近話題になりましたが、地元三鷹駅近辺は高架ではありません。隣の吉祥寺は昔から高架。反対隣の武蔵境駅から西方が高架になりました。おかげで開かずの踏み切りが不要になり渋滞が緩和されました。

三鷹駅近辺でだけ電車が地上を走っているのはどうしてか。

それはですね(と散歩の話から外れていきますが)、このあたりは昔から主要道路が線路の下をもぐっていたからです。人も自転車ももぐって向こう側に行きます。記録的大雨が降ったら水深3メートル以上に冠水すること請け合いですが、滅多に起きることではありませんので、とりあえず考えないことにしたのかも。

多摩川上水は武蔵野市と三鷹市の境界になっています。向こう側の三鷹市では歩道整備に力をいれています。途中に山本有三記念館などもあり、結構楽しい散歩コースです。

対するこちら側は昔のまんま。何も手を加えないのもいいものです。が、道が細い。市として向こう岸に対抗する必要性を感じたのか、もともと道路計画があったのか知りませんが、虫食い拡幅をやっています。今建っている家を壊して立ち退けとは言わないが取り壊して新築するなら計画道路の分引っ込んで貰わないと許可ださないよ~というやつ。白い柵がぼこぼこ立ってて無粋です。

しかし本題は「お散歩」。話を戻しませう。玉川上水沿いにとことこ歩いていくと、井の頭自然文化園の裏にでます。北村西望氏のアトリエの裏でもあります。裏から眺めるのもいいものです。

大通りの向こう、左側はご存知、井の頭公園。右側は昔は日産厚生園(のはず)でしたが、今は「三鷹の森ジブリ美術館」。

ジブリになってからこっち方面に来た事がありません。どれどれ・・・

100424giburi

意外と小さいのね、と思いましたが、近隣がでかすぎる公園だからかも。
ここは予約制なので、ふらっと立寄ることはできません。

道草くってる場合ではありません。玉川上水を下らなくては。

おおおぉぉぉ・・・この豊か過ぎる緑はなんざましょ。
吉祥寺のすぐそばにこんな小道が。

100424tama1

100424tama3

桜も咲いてます。夢の小道です。どこかに穴が開いてて、落っこちたら三月ウサギや危ない帽子屋さんに捕まりそう。

100424tama2yae

こんな道をひたすら、へええほううふふうと口あんぐりきょろきょろしながら歩いていきます。どうみても挙動不審ですが、幸いなことに通行人がほとんどいません。昼なお暗き雑木林も結構たくさんあります。襲われて玉川上水に叩き込まれたらしばらく発見してもらえないだろうな・・・

そうなんです。玉川上水は結構深い川なんですが、井の頭公園から離れてしばらくすると、さらに深山幽谷の如くなります。現在は水量が少なくちょろちょろしてるだけですが、満水状態で流れたらえらいことです。その昔太宰さんが身を投げる訳だ。

とにかくそんな道が延々と続きます。どこまで行っても深山幽谷・・・きりがない。そろそろ撤収方向を考えなくては、と思ってしまうのは心のゆとりがないからです。

さて、と地図を引っ張り出すと、どうやら京王線で吉祥寺から二つ目の駅、三鷹台の当たりです。左に曲がって三鷹台駅に出て、そっから神田川沿いに遡っていけば吉祥寺に行くから・・・

ん?

右に曲がればなんだか面白そうなものが・・・

でたどり着いちゃったのが「神明社」。天照皇大神(あまてらすおおみかみ)をおまつりしています。この坂の上に社があります。

100424sinmei

どれ、お賽銭上げてお願い事を・・・(宝くじあたりますように・・・)とやろうとしたら、写真ではわかりませんが、大勢の善男善女が社内においででした。神事の邪魔をしてはいけません。黙って引き下がってきました。

100424sinmei2

と、書きましたが順序は逆。社の後ろの入口から入ってきて、表に回ってあららと思って、正面の階段降りてきました。

さて、地図によると近くに公園があります。行ってみよ・・・小さい公園でした。あまり面白くない。一つ有り難かったのは、トイレが綺麗なこと(重要です)。

さて、いよいよ撤収かと思いきや、わき道に面白そうな緑一杯の坂道が。生産緑地だそうです。駅とは方向が違うけど行ってみよ。

ほほほ、ほう・・・・

信じられますか。東京の吉祥寺から歩いてきていきなりこんな風景。

100424ryoku

100424ryoku1

今どきこんな風景、実家近辺にもありません。
実家の実家周辺が昔こんな雰囲気でしたが、開発されちゃって農家は激減。別荘風の建物だらけです。

懐かしいよ~ときょろきょりしまくりで歩いていましたら、へ? 目の前にいきなり川が。なんで?

玉川上水から右に折れて右に折れて左に折れてきた・・・その方向に川はないはず。へ?案内板に「玉川上水」ですと? へ?へ?へ?

落ち着け落ち着け、と地図を取り出しました。ここをこう通ってああ通って・・・むむむ、道が大曲りしている。全ての道が曲がってる。わああ・・・

道という道がかつての農道を転用しているので、一つとしてまっすぐなところがない。右右左と折れて、元のコースと直角になるのは全ての線が直線で全ての角度が直角な時だけ。ぐちゃぐちゃ道を折れ曲がってたどり着いたのは、玉川上水をかなり逆戻りした地点・・・

げちょん。よって三鷹台コースは取りやめ。太陽が出ているのを幸い(日の光で南が分かる)、西と北に向う道を選んで吉祥寺に抜けることにしました。もう化かされませんように。

で、無事吉祥寺にたどり着きまして、途中古本屋で川瀬巴水の図録を100円で売っているのを見つけて即買いましてとことこと帰ってきました。お家に3時着。

本日の歩数23000歩。あまり歩いていません。本日の支出古書100円。なんて安上がりな人生でしょう。

100424hasui

川瀬巴水はいいですよ~

100424hasui2

|

« 歩け歩け川に沿って | トップページ | 格闘withスキャナ »

おさんぽ2・水道部/上水/川」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525834/48188078

この記事へのトラックバック一覧です: 歩け歩け 玉川上水編:

« 歩け歩け川に沿って | トップページ | 格闘withスキャナ »