« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月28日 (水)

格闘withスキャナ

本日は一日スキャナと格闘して日が暮れました。

ここしばらく大型本をせっせとスキャンしていましたら、言うことを聞かないことが多くなりました。突然シュウウ~と終ってしまって、それ以後「スキャナが接続されていないんよ~」みたいなメッセージが出ます。

接続されておりますがな。

仕方ないのでUSBコードを抜いたり差したりパソコンを再起動したりキャッシュを削除したりあげく別パソコンにドライバと専用ソフトをサイトから引っ張ってきてインストールして接続してみたり・・・ 

じぇんじぇんダメです。ネット検索して、強く抑えるとダメ、とかいろいろなご意見にしたがってみましたが、ちょこっと回復したかなと思うとまた上記の繰り返し・・・

考えてみれば10年前に9000円くらいで買ったものです。1年900円で酷使にめげずよく働いてくれました。随分と長持ちな方です。この辺で休ませてあげたほうがいいかな・・・

で、ネットで買っちゃいました。今使っているスキャナの後継機種です。性能アップしているはずです。お値段は7600円ほど。

つくづく物価が安くなっているのだな、と実感した次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月26日 (月)

歩け歩け 玉川上水編

土日は珍しく晴れて気温もよろしく良い週末でした。

ですので早速お出かけ。近場シリーズです。川沿いに歩くのが気に入ったので、今度は玉川上水にしました。遡っていくと小金井公園近くになります。このコースは以前何回か辿りました。

今回は下ってみませう。24日(土)の朝10:30出発。お家を出て地元駅に向いました。途中まで電車で行く・・・のではなくて、玉川上水は地元の駅のすぐそばを通っているのです。

構内を抜けていく手もありますが、線路下をくぐる地下通路を行きました。ちなみに、中央線が高架化されたとつい最近話題になりましたが、地元三鷹駅近辺は高架ではありません。隣の吉祥寺は昔から高架。反対隣の武蔵境駅から西方が高架になりました。おかげで開かずの踏み切りが不要になり渋滞が緩和されました。

三鷹駅近辺でだけ電車が地上を走っているのはどうしてか。

それはですね(と散歩の話から外れていきますが)、このあたりは昔から主要道路が線路の下をもぐっていたからです。人も自転車ももぐって向こう側に行きます。記録的大雨が降ったら水深3メートル以上に冠水すること請け合いですが、滅多に起きることではありませんので、とりあえず考えないことにしたのかも。

多摩川上水は武蔵野市と三鷹市の境界になっています。向こう側の三鷹市では歩道整備に力をいれています。途中に山本有三記念館などもあり、結構楽しい散歩コースです。

対するこちら側は昔のまんま。何も手を加えないのもいいものです。が、道が細い。市として向こう岸に対抗する必要性を感じたのか、もともと道路計画があったのか知りませんが、虫食い拡幅をやっています。今建っている家を壊して立ち退けとは言わないが取り壊して新築するなら計画道路の分引っ込んで貰わないと許可ださないよ~というやつ。白い柵がぼこぼこ立ってて無粋です。

しかし本題は「お散歩」。話を戻しませう。玉川上水沿いにとことこ歩いていくと、井の頭自然文化園の裏にでます。北村西望氏のアトリエの裏でもあります。裏から眺めるのもいいものです。

大通りの向こう、左側はご存知、井の頭公園。右側は昔は日産厚生園(のはず)でしたが、今は「三鷹の森ジブリ美術館」。

ジブリになってからこっち方面に来た事がありません。どれどれ・・・

100424giburi

意外と小さいのね、と思いましたが、近隣がでかすぎる公園だからかも。
ここは予約制なので、ふらっと立寄ることはできません。

道草くってる場合ではありません。玉川上水を下らなくては。

おおおぉぉぉ・・・この豊か過ぎる緑はなんざましょ。
吉祥寺のすぐそばにこんな小道が。

100424tama1

100424tama3

桜も咲いてます。夢の小道です。どこかに穴が開いてて、落っこちたら三月ウサギや危ない帽子屋さんに捕まりそう。

100424tama2yae

こんな道をひたすら、へええほううふふうと口あんぐりきょろきょろしながら歩いていきます。どうみても挙動不審ですが、幸いなことに通行人がほとんどいません。昼なお暗き雑木林も結構たくさんあります。襲われて玉川上水に叩き込まれたらしばらく発見してもらえないだろうな・・・

そうなんです。玉川上水は結構深い川なんですが、井の頭公園から離れてしばらくすると、さらに深山幽谷の如くなります。現在は水量が少なくちょろちょろしてるだけですが、満水状態で流れたらえらいことです。その昔太宰さんが身を投げる訳だ。

とにかくそんな道が延々と続きます。どこまで行っても深山幽谷・・・きりがない。そろそろ撤収方向を考えなくては、と思ってしまうのは心のゆとりがないからです。

さて、と地図を引っ張り出すと、どうやら京王線で吉祥寺から二つ目の駅、三鷹台の当たりです。左に曲がって三鷹台駅に出て、そっから神田川沿いに遡っていけば吉祥寺に行くから・・・

ん?

右に曲がればなんだか面白そうなものが・・・

でたどり着いちゃったのが「神明社」。天照皇大神(あまてらすおおみかみ)をおまつりしています。この坂の上に社があります。

100424sinmei

どれ、お賽銭上げてお願い事を・・・(宝くじあたりますように・・・)とやろうとしたら、写真ではわかりませんが、大勢の善男善女が社内においででした。神事の邪魔をしてはいけません。黙って引き下がってきました。

100424sinmei2

と、書きましたが順序は逆。社の後ろの入口から入ってきて、表に回ってあららと思って、正面の階段降りてきました。

さて、地図によると近くに公園があります。行ってみよ・・・小さい公園でした。あまり面白くない。一つ有り難かったのは、トイレが綺麗なこと(重要です)。

さて、いよいよ撤収かと思いきや、わき道に面白そうな緑一杯の坂道が。生産緑地だそうです。駅とは方向が違うけど行ってみよ。

ほほほ、ほう・・・・

信じられますか。東京の吉祥寺から歩いてきていきなりこんな風景。

100424ryoku

100424ryoku1

今どきこんな風景、実家近辺にもありません。
実家の実家周辺が昔こんな雰囲気でしたが、開発されちゃって農家は激減。別荘風の建物だらけです。

懐かしいよ~ときょろきょりしまくりで歩いていましたら、へ? 目の前にいきなり川が。なんで?

玉川上水から右に折れて右に折れて左に折れてきた・・・その方向に川はないはず。へ?案内板に「玉川上水」ですと? へ?へ?へ?

落ち着け落ち着け、と地図を取り出しました。ここをこう通ってああ通って・・・むむむ、道が大曲りしている。全ての道が曲がってる。わああ・・・

道という道がかつての農道を転用しているので、一つとしてまっすぐなところがない。右右左と折れて、元のコースと直角になるのは全ての線が直線で全ての角度が直角な時だけ。ぐちゃぐちゃ道を折れ曲がってたどり着いたのは、玉川上水をかなり逆戻りした地点・・・

げちょん。よって三鷹台コースは取りやめ。太陽が出ているのを幸い(日の光で南が分かる)、西と北に向う道を選んで吉祥寺に抜けることにしました。もう化かされませんように。

で、無事吉祥寺にたどり着きまして、途中古本屋で川瀬巴水の図録を100円で売っているのを見つけて即買いましてとことこと帰ってきました。お家に3時着。

本日の歩数23000歩。あまり歩いていません。本日の支出古書100円。なんて安上がりな人生でしょう。

100424hasui

川瀬巴水はいいですよ~

100424hasui2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月19日 (月)

歩け歩け川に沿って

金曜の朝、7時に目覚ましがなるまで起きられませんでした。
いつもなら6時半には朝ごはんを食べ終わっているのに。

夜、いつものようにお風呂から出ると、湯あたりしたみたいに気持ちが悪く、これはいけませんと、はやばや寝てしまいました。

よって土曜日は一日中ぐだぐだ、ベッドで読書三昧。眠くなったらそのまま寝て、おなかがすいたらなにか食べて・・・・

おかげで日曜日は元気もりもり。そうなるとお天気もよいことですし、2日分のぐうたらを取り戻すべくお出かけしました。

なんとなく、西荻に行きたいな、と思いまして、電車に乗って帰りてくてく歩いてくるか、歩いていって、帰りを電車に乗ってくるか・・・

(電車で2駅なので、こういうことを考えてしまいます。普通の人は迷わず電車で行って電車で帰ってきます。)

お家を出た途端、足は駅と反対方向に向ってました。頭で悩むより足に聞け、です。

市役所の裏の千川上水沿いに歩きます。西荻方向に流れています。

↓春の小川はさらさらいくよ~の風情。

100419senkawa

のどかな景色がひとしきり続きまして、写真を撮りたいのですが、行き交う人が多くてチャンスがありません。近所の方々の格好の散歩コースのようです。

100419senkawa2

↑吉祥寺橋付近。

千川を挟んで南が武蔵野市、北が練馬区です。練馬側はマンションラッシュで、大根畑(?)が近代都市に変貌しつつありますが、武蔵野側は、ここは東京かあ、という景色が。

100419senkawaie

これも武蔵野側。畑の向こうになんだあ?というものが。

100419haikyo1 

古アパートですが、どうみても廃墟。もったいない・・・

100419haikyo3

途中で千川上水は武蔵野市を離れます。練馬オンリーになるにつれて、暗きょ部分がちらほら出現。川に蓋をしたら、川は死んじまいますだがな・・・蓋の上を遊歩道にしたってねえ・・・

だからではないでしょうが、暗きょでない土手部分で、リスかと思ったらネズミを発見しました。お天道様の下で尻尾ふりふりあちこち嗅ぎまわっていました。

暫くすると完全暗きょとなりましたので、方向変換。善福寺公園を目指します。善福寺川を辿れば西荻銀座に行けます。

途中、雑木林発見。↓たけしたの森緑地(練馬区)です。小さい公園ですが、静かで余計なものがなくていいです。

100419takesita

緑地を出たところで、通りがかりの若いお母さんに「この近くに図書館はありますか」と聞かれました。

迷ったらおばちゃんに聞け、という鉄則を踏まえての行動でしょうが、すまん、このおばちゃんはだたの通りがかりの野次馬なのです。

さて、善福寺公園に向わねば、と角を曲がって少し行くと住居表示は杉並区善福寺。杉並区といえば都会、みたいに地方出身者は思い勝ちですが、事実住宅街でもあるのですが、昔からの大農家も結構残っています。

↓道端の垣根の隙間から見える多分「農機具小屋」。年季の入った籠が・・・・

100419nouka

その農家の角を曲がると、ラージヒルかと思うような坂が。
↓携帯カメラではその感じが分かりませんが、一度道が視界から消えて、その後ぐい~んと盛り上がって見えます。

100419saka

で、角を曲がったらいきなり善福寺公園出現。池にはボートが一杯。春だなあ・・・とぼけっと歩いていたら、地面の窪みで左足首がぐぎっ。イテテ・・・

焦りました。過去、これで数回医者通いをしています。こんなところで、やっちまうとはイテテ・・・ しかし貧乏人の頭に神宿る(でしたっけ)、少し休んだら、あらなんともないわ。

で、高台にさっさと上ってしまいました。空がとっても綺麗でした。散り残りの桜のピンクとなんだか分からない新芽の緑とやっとこさ晴れた空の青が絵のようで。

100419sora

携帯カメラでこれを撮るのはやはり無理。そう思ってデジカメを持ってきたのに、電池切れ・・・なにをかイワンのアホ。

↓公園にはガチョウが住んでます。
野良ガチョウかと思ったら、張り紙があって、住民として公認されてるようです。

100419gatyo

↓こんな方もおいでです。
昔、このあたりが井荻村だった頃の村長さん、内田秀五郎さんです。

100419douzou

↓善福寺公園のそばにも、こんな昔懐かしくなる風景が。

100419ie

あとは善福寺川に沿って歩くだけ、の筈でしたが、途中でこんもり茂る樹木を見つけて道を踏み外していったのが、井草八幡宮。大きな神社でした。

どれだけ大きいかはこちらを。
注意:音が出ます。こっそり見たい方は「消音」にしてください。
http://www.igusahachimangu.jp/

100419iogihatiman

いつもの通り、10円お賽銭を差し出して、それなりの幸福を願ってきました。

そこで思ったこと。参拝客も色々ですが、こういう場では、型どおりきちっとする人の方が格好いいです。門の前で礼をしてまた社の前で礼をして賽銭を上げてぱんぱんと拍手を打ってお願いをしてまた礼をして辞去する際もまた門のところで振り返って礼をして・・・

わたくしは礼はしたけれど、ちょい気恥ずかしくて拍手は打ちませんでした。拍手を打たないと神様は気づいてくれないそうですから、10円丸損だったかも。

さて、その後のことですが、結局西荻駅までいって、電車に乗らずに歩いて吉祥寺に向かい途中、吉祥寺の安売りスーパー「つるかめランド」で夏みかんを買って、重いなあと思いつつ、地元まで歩いて帰りました。

携帯も電池切れしそうだったので、途中から写真なし。

歩数27000歩。 どんだけ歩いたのかなと気になって、自分の歩幅を測り約50センチ、すなわち2歩で1メートルと検討をつけ、すると、3000歩は朝の内図書館まで行った分だから除外して、24000歩だから12キロメール。あんがい歩いてないです。

念のため地図上でも、物差しを当てて図って換算して・・・約11キロ。坂道の 階段登ったり降りたりや途中でぐるぐる回ったりの分を考慮すると、歩数計算は案外正確だ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月17日 (土)

東京は今朝雪だった

朝起きてカーテンを開けてびっくり。家々の屋根が白い!

天気予報で降るとは言ってたけれど、本当に降っちゃった!
41年振りだとか。

100417yuki

100417yuki2

↑朝7時。ぼたぼた雨になっていたので、かなり溶けた様子が・・・
いつものように5時半頃起きていたら、もっと違う景色だったかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月15日 (木)

野菜が高い

東京は今日も冷え込んでおります。

ここしばらく気温不安定で、初夏と冬を行ったり来たりしているのですが、本日は東京西部では雪が降るであろう、という予報。たまんないです。

それでも人体は着たり脱いだり暖房のスイッチ入れたり窓開けたりで調整ができますが、どうにもならないのが畑の野菜たち。遅霜で一晩で全滅した、なんてニュースも伝わってきます。霜の心配のない温室栽培では燃料費がかかるんだとか。

当然の帰結として、野菜のバカ高いこと。小さいキャベツが300円もします。半分に切ったのが158円。断面をみるとスカスカで買う気がしません。

肉や魚が高騰なら、植物性蛋白質のお世話になるという手もありますが、野菜の代替品は・・・思いつきません。諸々経年劣化してる中高年は野菜を食べにゃ血管が詰まりそうな気がします。(経年劣化を自覚しながらここのところ肉食が増えているので、余計血管を掃除しなくては。)

肉食が増えちゃったのはですね、コラーゲンねらいで牛スジを頂いておるからです。先日購入しましたスジにはお肉がたっぷりついてまして、それが松阪牛もどきの霜降り。野菜に霜はいけませんが、肉に霜は美味。こそげとって焼肉にしたら、んめ~・・・

(凡人の常で、狂牛病のことなんぞ忘却の彼方です。)

意識して野菜を食べねばなりません。さあ、どうする。

こうする。

庭から蕗を摘んできました。蕗の薹がおいしく食べられたんだから、そこから成長した蕗だって美味しく食べられます。しかも繊維が豊富そう・・・

食しての感想は、栽培物より野性味豊かでなかなか美味です。さっと茹でて青煮にして葉っぱもいただきました。難点は、皮むきをした指先が真っ黒に染まったこと。

ほほほ、庭で食べ物が取れるなんて、なんて幸せざましょ。

さて、駅前のツインタワービル武蔵野タワーズがいよいよ完成しました。キムタクさんが入居するというあのタワーズです。附属の商業ビルも完成しまして、去る3月31日、京王スーパー「キッチンコート」が開店しました。

由緒正しい野次馬たるわたくしは勿論開店セールに行きました。2,000円以上買うと、300円のお買い物券か景品をくれるというのです。景品のカッティングシートを貰ってきました。だって、300円金券では「貰った」というありがたい実感がしないんですもん。

カッティングシートは多分2、3回野外で使ってそれっきりになるのでしょうが、やはりお徳気分を味わうには具体的な「物体」がいいです。

で、本日も、仕事場から一番近くのスーパー、タワーズのキッチンコートにお買い物に行きました。雨降りのせいでしょうかねえ、お買い物をしてくださるはずのタワーズ住民がまだ入居してないからでしょうかねえ、店舗が2階でアクセスがすんなりいかないせいでしょうかねえ、店内がぱらぱらでした。

高いんだか安いんだか品揃えがよう分からんです。多分高級志向なのでしょうが、昨今それだけでは客が呼べないので、目玉商品は安売りスーパーより安いかも。

この「キッチンコート」ができて、地元のスーパー再編成は終ったのでしょうか。都市計画関係者に知り合いはございませんので、あてずっぽでテキトーな感想を。

昨年春、地元京王ストアの隣にサミットが出店してスーパー戦争が勃発しました。暫くの間、両店は激しい安売り合戦をしまして、喜んだのはわたくしみたいな泡沫消費者。長い消耗戦のすえ、やがて休戦に入ったようで、このところ両店とも極端な安売りがなくなりました。

その消耗戦のあおりを受けて、老舗の三平ストアは改装してsanpei storeとして再出発。東急ストアも模様替えしたし、これで一件落着、どちら様もめでたく納まって・・・と思っていましたら、京王サミット戦場のすぐ近くのスーパーがヒッソリと潰れていました。それまで京王ストアのすぐ近くにありながら棲み分けが出来ていたのに、安売り戦に巻き込まれて格安スーパーとしての存在意義を失いあっけなく・・・ふと思い出してそのスーパーに行って「閉店」の張り紙を見たのは、閉めてから3ヵ月後のことでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月10日 (土)

歩け歩け花吹雪の中を

うらうらと暖かく天気もよし、久しぶりに都心の美術館へお出かけしましょ、と身支度してチケットを取り出したら、あれま2日前までだった・・・ぐすっ。

頂いたのは1月です。4月まで有効、と安心したのが裏目に出ました。大好きな「松岡美術館」の券です。展示も好みにぴったりだったのに。

めそめそしてても有効期限が書き変わるわけありません。気をとりなおして、お散歩に行くことにしました。地図を眺めると、深大寺植物園まで直線距離で3キロちょっとです。ということは、人間の歩行速度は時速4キロ程度ですから、紆余曲折を計算に入れて片道1時間。行くです。

とお家を出て、さて、どの経路で行こうかとちょいと迷いました。どの地点で中央線を越えるかというだけのことですが。近くの三鷹駅で越えるか、隣の武蔵境駅で越えるか。その後の道順を考えて、武蔵境越えにしました。この時点で初志貫徹不能の予感はしていました。

浄水場近くあたりで、朝お代わりして飲んだ紅茶が効いてきました。ううう〜 浄水場の角を曲がれば、昨年開店したばかりのスーパーがあります。あそこのトイレは使いやすい(開店時にチェック済み)・・・

で、ついでに店内をうろうろして何も買わずに出てきて、気がついたら足が多摩湖自転車道方面へ。つまり線路を越えたくない気分になって、小金井公園を目指していました。思えば以前よく通った道です。

若かりし頃は、まだ土埃のあがる道を変速ギア付き自転車に打ち跨がってほとんど暴走状態で多摩湖へつっぱしり多摩湖周囲をぐるりと回ってまた暴走して帰ってきたものでした。暴走止めの柵を乗ったままいかに早く通り抜けるか、なんてあほなことに血道を上げて・・・・

という昔話をしててはいけません。未来を語れなくなったらそろそろ人生おしまいです。

↓いまや舗装されていない部分は貴重です。

100410yuho

桜もまだ頑張って咲いていますが、気分的にはこっちの花に目移り。

100410yuho2_2

小金井公園の手前で引き返してきました。理由は前述「紅茶の飲み過ぎ」に伴う嫌な予感(悪寒)。

行く時には気にならなかった工事中建設物が帰り道の緑の向こうにヌッ。

100410isihari

でつかい建物です。たしかここは石川島播磨重工業の田無工場があった筈・・・マンションになるらしいです。

100410isihari2

↓石川島播磨の痕跡がこんな形で。

100410jet

折しもその時、一陣の風が吹いて桜を散らし花吹雪が・・・と言ってもなんだかわからない写真です。地面をご覧下さい。散った花びらです。

100410fibuki

アップ。画面を斜めに飛ぶゴミみたいな花吹雪。

100410fibuki2_2

で、本日の歩行歩数14000。それほど歩いていませんなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 9日 (金)

冷えすぎ冷蔵庫

ふっと気づいたら、強設定ではないのに冷凍室が「-25度」。

普通、家庭用冷蔵庫の冷凍室は-18度と聞いています。冷えないより冷える方がよろしいのでしょうが、いつもは-19度くらいです。なんでこんなに冷えるのでしょう。壊れる直前の大サービス大冷却ではありませんよね。

100405reizo

メーカーは、冷蔵庫から撤退してしまった富士通ゼネラルです。使いやすくて気に入っていましたが、もう10年以上(2000年に購入)使ってます。今は亡き吉祥寺ラオックスで買いました。

ついでに色々思い出してしまいます。その前の冷蔵庫は今は亡き第一家電三鷹店で買いました。第一家電が潰れたからラオックスにしただろうって? 違います。

第一家電はその頃はまだありました。何故、遠くのラオックスにしたかというと、第一家電の店員さんが日に日に対応が悪くなっていた時期だったのです。潰れる予兆だったのでしょうねえ・・・

ラオックス吉祥寺は、某ヨドバシに潰された、みたいな印象が残っていますが、その後あちこちの店舗を閉鎖しましたから、時代の流れに乗りそこなったのでしょうね。ラオックスの店員さんたち、頑張ってましたから応援したかったのですが、電気製品はそうそう買うものでなし・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 8日 (木)

G-force見ますた

ワイワイが海の向こうで昨年8月に見た「G-force」をようやく日本で見ました。

ディズニー映画です。ストーリーは・・・・ あってもなくてもいいよなストーリーです。

主役の「スーパー」モルモット達が走って跳んで最新機器を自在に扱って企業の秘密を盗み出して恋もして、画面いっぱいに活躍するのが楽しい。

モルモット達が出てこない場面は退屈。

元の映画では、声をニコラス・ケイジ、ペネロペ・クルスなど錚々たるメンバーが担当しているのですが、今回見たのはあいにくと吹き替え版。春休みのお子様目当ての映画扱いですから仕方ないです。(字幕を追う煩わしさがなくて良いのかも)

春休み映画、と申しましたが、既に新学期は始まっておりまして昨日は平日。しかも雨降り。しかも12:30開演の昼飯どき。場内はガランガランでありました。

今日は仕事もヒマそうだ、見にいっちゃえ、水曜日レディスデイで1000円だし、と思いついたのが12時15分。駅までぶっとんでいけば間に合う、と踏んだのですが、総武線東西線中央線から一番早い線を選んで中央線に乗ったのですが、特急通過待ちで少々待たされて隣の吉祥寺に着いたのは12:31。ダッシュで映画館に駆け込んだら、数々の予告編上映中で本編に間に合いました。

ガランガランの場内においでのお客様は、2歳前後の幼児を連れたママがぽちぽち。いくらお子様映画だからといって、2歳児にFBIを茶化してる、なんて通じますかね(とは余計な心配)。

モルモットたちが素敵でした。

100408gforce

↑CIA 、「Cinematic Intelligence Agency」のサイトから写真借用しますた。
http://thecia.com.au/reviews/g/g-force.shtml

「3D」とのことですが、じぇんじぇん平面映画ですた。
3Dメガネの貸出もしてなかったし・・・

映画館に行ったのは久し振りです。勢いで、次はダンカン・ジョーンズの『月に囚われた男(Moon)』を見たいのであります。ダンカンさんは、かのデヴィッド・ボウイの息子です。行くぞっ、と上映情報を調べたら、恵比寿でしかやってないでし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 7日 (水)

中国みやげ

1週間ほど中国に行っていた知人から宅急便で土産が届きました。

開けてびっくり、エキゾチックな中国菓子とお茶でした。

聞けば、一緒に行った中国人の知人の実家で、三日三晩親族4、50人が集まっての宴会、という盛大な歓待を受け、帰り際に大量に持たされたそうです。

遠来の客をもてなす中国精神健在なり。

1個1個は軽くても数が集まれば「重かった」そうです。当然食べきれるはずもなく、あちこちへおすそ分け。

何れにも「北京特産」とありますが、行っていたのは中国の南の方、文化的にも北京とはだいぶ異なる桂林です。食文化はむしろ南アジアに近いようです。

100403china2

開封していないので、あてずっぽうですが、「牛斗牌」(上段左と右)とあるのは「牛肉の干菓子」だと思います。「五香」味と「麻辣」味です。

「牛魔王」みたいなマークが・・・

100403china4

上段の真ん中はクッキーみたいですが、「御食珍品」とあるのが気にかかる・・・

100403china

パッケージの絵がなんとも不気味可愛い。

100403china3

下段の真ん中はどうみても「チョコレート」。でも、「咖啡」とあります。
咖啡=珈琲=コーヒー味? スフィンクス印。

100403china5

右の丸筒の細長い方は鉄観音茶です。「釣魚臺」というブランド(?)。
その右は「木糖醇3+」、多分「キシリトールガム」。

100403china6

左端はなんでしょうねえ、「海棠脯」とあります。実海棠(姫林檎みたいな実)を干した(脯=乾肉)お菓子でしょうかねえ。パッケージには果物一杯の絵が。

100403china7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 6日 (火)

ご近所お花見事情

今年のお花見は、咲き始めた!の後は結構寒い日が続き、お天気に翻弄されました。

地元知人達恒例の花見は4月3日土曜日に井の頭公園、の設定でしたが、その前日も結構な冷え込みでして、いつぞやは開始30分で撤収、室内宴会に突入、ということもありましたので、今年もそうなのかと・・・・

めでたく当日は暖かに晴れました。翌日がまた冷え込んでその翌日はさらに雨降りでしたので、絶妙な日時でありました。段取り場所取りをしてくれた幹事さま、いつもへらへらしているもので真意が伝わりにくいと思いますが、感謝しております。

100406hana

ピンボケ写真ですみません。池のほとりの絶好地に陣取りました。

ボートで通り過ぎる方々を勝手に品定めして、「あれは単身赴任と飲み屋のママのカップルだ」「倦怠期の夫婦」「あの二人は別れるよ」とか「年下男との夫婦だ、いや親子だ」などと楽しく言いたいこと言って・・・

品性なんぞこの際どうでもいいです。教育的配慮をせねばならぬ子供をつれている訳でなし、メンバー全員が人生の幾山も幾谷も越えてきた人間ばかりで、あっちが痛いこっちが悪い何歳まで働くのか一番先に誰が死ぬのか、とか若い者には総すかんを食いそうなことばかっかりが話題にしているのですから。

よく今日まで死なないで生きてきたものだ(というのは言いすぎです)。

さて、楽しい宴の翌日の日曜は地元市の桜祭でした。が、寒くって寒くって。

それでも、あちこちの桜が満開で、見事な眺めですので、花見客は一杯。例の水道部の公園で一組がシートを敷いて花見をしてましたが、盛大にクシャミをしてました。

陸上競技場もこの季節は一般公開されます。

100404ground

100404ground2

100404ground3

↓これは4月2日に撮った市役所へ続く桜並木。
100402namiki

4日の桜祭当日は、ここをパレードが通ります。
すぐ近くに住んでいながら、見たことがありません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年4月 1日 (木)

四月だけじゃなく通年バカ

4月1日だけバカ、なんて可愛らしいものじゃなくて1年中バカ気分です。

さて、暑さ寒さも彼岸まで、の彼岸が過ぎてから東京は冷え込みました。そうそうに分厚い上着やセーターを洗濯して奥深くしまったことが悔やまれますが、もう一遍だそうという気にはなれず、寒い寒いと縮こまっています。

時ならぬ寒波襲来で29日には八王子なんぞは雪がふりました。箱根も記録的な大雪でした。この寒さのまま花見に突入かと思いかけましたが、本日は一転してポカポカ。従いまして桜も一気満開。土曜日までに散るなよ・・・

100401sakura

↑地元簡易裁判所前の桜

100401sakura2

↑地元区検察庁前の桜 。共に地元駅北口すぐのところ。

↓こちらは27日の地元市役所水道部の第一浄水場のぽちぽち咲き始めの桜。

100327suido1

部外者立ち入り禁止なので、柵に張り付いて写真を撮りました。
御伽噺的雰囲気の建物です。

100327suido2

この水道部、本庁とは離れたところにあります。
噂によりますと、前市長時代には、市長にたてついた職員が島流しされる部署だったとか・・・ 反対派の巣窟ってことですか。現市長に代わってからどうなったんでしょうかねえ、と気になります。

4/6追記:楽しみにしているBBCの嘘ニュースの情報が今年は流れてきません。

だもんで、結構有名な2008年の傑作を見直してます。
BBC Flying Penguins
http://www.youtube.com/watch?v=8kvWS1XwCMM&feature=fvw

これも名作ですよん。
Spaghetti Harvest - 1st April 1957
http://www.youtube.com/watch?v=27ugSKW4-QQ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »