« 中庭の小さな世界 | トップページ | どこまで続く突発性難聴 »

2009年11月11日 (水)

なくしもの

5月に、ワイワイが置いて行った荷物を整理していたら、大昔に作ったチビ人形が出てきました。当時、軍手で人形を作るのが流行っていて、わたくしもいくつか作りました。

手の部分を顔と胴体にして、指で両手と両足を作ります。すると、親指が余ります。普通捨てるのでしょうが、当時からなんであれ「捨てるのはイヤ」な性格でしたので、小さな人形を作ってしまいました。それから随分と長い間、数回の引越の際に無くなりもせずよく付いてきたものです。

5月に少々汚れているのが気になって、台所のコップで洗剤のお風呂に入れて綺麗に洗ってテーブルの上で乾かしました・・・

気がつくと、その後の記憶がぷっつん。それきり行方不明になってしまいました。なんだか、とても寂しい気分です。ばあ様も手の届かないところに行ってしまったし・・・

心当たりをあちこち探しましたが見つからず、ばあ様のお供をしたのかと思いかけたある日、ふと棚を見たらお人形の膝にちょこんと座っていました。何度も何度も見ていたお人形なのに、その日までちっとも気がつきませんでした。

そんなところにある筈がないと思い込んでいる時は目の前のものが見えないんですねえ。

091111tibi2_2

ついでに言うと、人間の記憶もあてにならないものですねえ。行方を知らないか、とワイワイに描いて送った図と結構違います。

091111tibi0_2

ともあれ、なくしたと思ったものが出てくるのは嬉しいことです。

ばあ様は晩年よく探し物をしていました。わたくしが見つけたりすると、本当にホッとした様子で、時には「ああ嬉しいよお」とか言ってました。その気持ち、今ならよく判ります。年を取るといろいろと大変だということも。

ばあ様の入院騒ぎの時、わたくしが何年も前から愛用しているマイペットボトル(ホット用の少し分厚く蓋が大きいタイプ。今時売ってません)が無くなりました。わたくし以外には中身のなくなったゴミでしかないので捨てられたのです。たかがペットボトルですが、寂しい・・・

葬式の終わった後、実家の裏手に回った時、大量のペットボトルがバケツに入っているのを見つけました。もしかして・・・

あったよ〜 

たかがペットボトルなのに懐かしい気持ちで一杯。

|

« 中庭の小さな世界 | トップページ | どこまで続く突発性難聴 »

ちまちまご先祖様」カテゴリの記事

コモノ 人形」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525834/46734984

この記事へのトラックバック一覧です: なくしもの:

« 中庭の小さな世界 | トップページ | どこまで続く突発性難聴 »