« ばあ様 入院 | トップページ | 養命酒は美味 »

2009年10月 7日 (水)

ばあ様 誤嚥性肺炎

日曜日に入院した直後から、ばあ様は痰がひどくて喉がごぼごぼいっていました。
それでも腹が減ったから甘いものが欲しいとか何度も言って、看護士さんから「喉に詰まるからだめ」と何度も言われていました。

ほぼ30分ごとの吸引は、相当苦痛らしく、痛い痛いと喚いてしまいには「二度とこんなところにくるもんか」と悪態をついていましたが、これをしないことには窒息の危険があります。

しかし、入院・点滴で急速に体力が回復したみたいで体は元気になり、きょうだいの話によると「家に帰る」と暴れるそうです。現在の状態で帰られると非常に困ります。なだめすかして眠らせるのが一苦労だそうです。

そして昨夜、きょうだいから容態報告の電話がありました。

「誤嚥性肺炎」を起こしているそうです。痰がひどかったのもそのせいであろうと。
まだ深刻な事態ではなさそうですが、あ〜あ〜・・・

つくづく今回入院させて貰ってよかったと思いました。
当初「脳梗塞?」と思ったのはどうも外れていたようですが、あのまま家で様子を見ていたら手遅れになっていたかもしれません。

認知症も再検査することになっていたのですが、今回は誤嚥性肺炎の治療が優先です。

認知症に関して「正常圧水頭症」の可能性がなくもないとのことで、もし「正常圧水頭症」であれば手術で認知症症状がなおる可能性があります。

検査したら「やっぱりアルツハイマー」でした、ということになるかもしれませんが、その日までは希望を持ちませう。

つかの間の希望でも、光がさすことはいいことだ・・・

|

« ばあ様 入院 | トップページ | 養命酒は美味 »

ちまちまご先祖様」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525834/46419298

この記事へのトラックバック一覧です: ばあ様 誤嚥性肺炎:

« ばあ様 入院 | トップページ | 養命酒は美味 »