« 台風過ぎて秋の空 | トップページ | ばあ様 肺炎進行 »

2009年10月 9日 (金)

ばあ様 市立病院

ばあ様が救急車で入院してからぼちぼち1週間。
つい昨日のことのようなもう2ヶ月くらい前のことのような気がします。

人間には忘れられない瞬間があるようで、あの日のことは何から何まで克明に覚えています(と思い込んでいるだけかも)。

「一度見ただけの光景を記憶だけで描ける天才」をテレビで見たことがありますが、それと同じようなメカニズムがあの日だけ作動したのか、あの日の全てが映像記憶となって細部まで脳裡に再現できます。

しかし、天才ならぬ凡人の身には覚えていたところで何の役にも立ちません。(いえいえい後から状況説明する時には便利かも。)

このメカニズムが日常的に作動してくれていたら、わたくしの人生、もうちょっと違っていたかも・・・というのは見当違いのぼやきです。

ばあ様を救急搬送した病院の休日玄関です。

091004kyukyu2

玄関を反対方向に見ました。

091004kyukyu1

椅子に座って待つこと2時間。退屈しきってうろうろ歩き回り、当日は閉鎖されていた表玄関まで出張して、市報やバスの時刻表やら集めて来て読んでいました。

病室に運ばれてからあたりを見回すと、結構設備の整った病院でした。

|

« 台風過ぎて秋の空 | トップページ | ばあ様 肺炎進行 »

ちまちまご先祖様」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525834/46437618

この記事へのトラックバック一覧です: ばあ様 市立病院:

« 台風過ぎて秋の空 | トップページ | ばあ様 肺炎進行 »