« 墓参り1 ピカチュウ狛犬 | トップページ | 古家の妖怪かと思ったら »

2009年9月23日 (水)

墓参り2 罰当たり一家のご先祖様

実家のお墓は、お寺のお坊さんの話によると、この墓地で一番古い墓だそうです。

罰当たり一家としては、家系図も過去帳もないし(戦争で丸焼け)口伝も途切れちゃってるしで、出自がまるっきりわからないのですが、お墓はとにかく古そうです。

だもんで古い墓石がごろごろと乱立。5年前のじい様の葬儀の時に少々まとめましたが、それでもよそ様のすっきりくっきりした墓所と比べるとごちゃごちゃ。

その中に比較的はっきりと文字が残っているのが二つあります。
(5年前の新築墓と昭和の初期の墓は別にして)

090923haka2_2

奥の墓石に「享保十二年」と読めます。西暦で言うと、1727年です。ぼちぼち300年前ですか・・・

手前の、家みたいな郵便受けみたいな貯金箱みたいなものはなんだかよく分かりません。

090923haka3

もう1個は戒名も読めます。夫婦らしいです。建立したのは「○○安兵衛」、○○は現在の実家の姓です。

090923haka4

こちらは天保三年、1832年です。役所の戸籍謄本をさかのぼると、じい様のじい様が「○○次郎吉」で、次郎吉さんのオヤジ様が「善兵衛」で善兵衛さんの長女は文化11年(1814年)の生まれだから20歳の時の子供だとして善兵衛さんは1794年生まれで寛政六年で・・・

1832年にお墓を建てた安兵衛さんはだあれ? よくわからんですが、昭和初期の墓も、じい様の親父様の兄弟が建ててくれてたりしますので、安兵衛さんも羽振りのいい親戚だったのかも。

我が罰当たり一家が石にされたようなお地蔵様の団体↓。

090923haka1

1個だけじゃなく反対側にもあります。他には摩耗しちゃってのっぺらぼうな墓石がぼこぼこ・・・

そういえば幼少のみぎり、周囲を木に取り囲まれて子供には恐怖の場所であった墓にお参りにくると、古ぼけた墓石がだーっと1列に遠くまでならんでいて、全部うちのご先祖様だといわれましたっけ。
あれを全部掘り返してまとめたんですな。

あらためてナンマンダブナンマンダブ(お経が違うぞ)

|

« 墓参り1 ピカチュウ狛犬 | トップページ | 古家の妖怪かと思ったら »

ちまちまご先祖様」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525834/46288527

この記事へのトラックバック一覧です: 墓参り2 罰当たり一家のご先祖様:

« 墓参り1 ピカチュウ狛犬 | トップページ | 古家の妖怪かと思ったら »