« 拾っちゃいました | トップページ | これじゃあんまりだ »

2009年9月17日 (木)

タッシェンのエッシャー

とはなんでしょう。
TaschenのEscherです。ドイツの出版社の画集のエッシャーの巻です。

Book Offで105円なのを見つけました。即買うです。にんまりしながら店内を回って、また美術コーナーに戻ってきたら、あれえ、さっきは見逃していたみたいで、Taschenの画集が他にもありました。

ダリ、ルネマグリット、クリムト、シャガールです。全部買うです・・・と思ったけれど、なあーんか違うんですねえ。発色がいまいちで、全体の構成もなんか・・・

一言でいえば、どんくさい。ファブリなどのイタリアの画集がほれぼれするようなものであることが多いのに、物体としての作りがどうも。ダリやマグリットは好きな画家であるにもかかわらず、所有することが恥ずかしいような感じで。

で、迷った挙げ句、エッシャー+クリムト、シャガールで手を打ちました。

さして目が肥えている訳でもないのに、どうにもこうにも受け付けないものってあるんですねえ。
ちなみにタッシェンはアートブックの大御所らしいです。Book Offでみつけた本が古いものだったからでしょうか。

エッシャー1989年(日本語版1993年?)
クリムト1994年。
シャガール1993年。
クリムトだけ210円250円でした。なんで?

090917escher

090917klimt

090917chagall

発色は店内の照明のせいだったかも。家に帰って広げてみたら、それなりでした。

|

« 拾っちゃいました | トップページ | これじゃあんまりだ »

文系(絵とか画集とか)」カテゴリの記事

コメント

good job~,"taschen" is a good book :)

投稿: | 2009年9月20日 (日) 03時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タッシェンのエッシャー:

« 拾っちゃいました | トップページ | これじゃあんまりだ »