« 風雨の芸術 | トップページ | 晴天の虹 »

2009年7月14日 (火)

田舎の情景

週末は実家に行って参りました。

毎度毎度のことながら、認知症ばあ様の深くてこんぐらがった記憶の森に分け入ります。

近頃は足下の地面があちこちでぼろぼろと崩壊して行きますもので、ばあ様は必死になって何か確かなものを求めてしがみつきます。

具体的には今がいつで自分は何をしていたのか分からなくて「今日は何日だ」と聞きます。「今日は○○日だよ」といったすぐ後にまた「今日は何日だ」と聞きます。聞いた次の瞬間に忘れてしまうので、いつまでたっても今日が何日か分からなくて、いつまでたっても不安で、延々と同じ質問をします。

そのしがみつこうとするエネルギーは凄まじいものがあります。答える方は途中でくたびれ果てて、怒鳴りださないまでもうんざりが顔に出て、するとばあ様はますます不安になって・・・

答える方は、わかっちゃいるけれどいらだつのをやめられない。これぞ介護の悪循環。早いとこ、この段階から脱出しなくちゃ。

さて、そんな実家(田舎)近くの情景です。これは何でしょう。

090713dote

一見馬糞のような。でも、昨今その辺をうろついているお馬さんはいません。昔は荷車を引いて歩いていたけれど(って何十年前でしょうねえ)。

ちょっと離れると、

090713dote2

河川敷の草刈りの後でした。
もっと離れるとこんな感じです。

090713dote3

ばあ様の情報によると、この枯れ草のぼた山はお役所の仕事だそうです。
川の外側の草刈りは地元住民の自治会が招集をかけてやるそうです。
そういえば町内回覧のお知らせがありました。
日曜日の朝6時からという、都会の軟弱者には恐ろしい時間帯の作業でした。

|

« 風雨の芸術 | トップページ | 晴天の虹 »

ちまちまご先祖様」カテゴリの記事

コメント

わーお。

記憶にしがみつきたいから、質問するのね。そうか。。。そうですよね。。。。そうかあ。。。。

投稿: なす | 2009年7月14日 (火) 11時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525834/45621521

この記事へのトラックバック一覧です: 田舎の情景:

« 風雨の芸術 | トップページ | 晴天の虹 »