« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月26日 (金)

パソコンの熱中症2

さて、ネットでいろいろ調べてみたら、どうもパソコンが「熱暴走」したらしいです。

パソコンが熱くなりすぎると寿命が縮み、時にはご臨終に追い込まれることもあるようです。恐ろしや。

対策としては、冷やす、の一言。クーラーがあれば、人体そっちのけでガンガンに冷やしてさしあげるのですが、貧乏会社ゆえ扇風機しかない。

ならばPCクーラーでも・・・と探しているうちに、パソコン内部の埃も大敵だということが分かりました。掃除するべし。

どうやって?

上級者ならカバーを外して内部の埃を掃除するそうです。1年に一度くらい。一般大衆はエアーダスターで吹き飛ばしましょう・・・みたいなことらしいです。

へ?

吹き飛ばす空気にお金払うの?

と、けち精神がムクムク。上級者じゃなくったってカバーを外すことくらいできます。メモリを増設するときにカバーあけたもん。

というわけでお掃除開始。とはいってもいきなりメインパソコンの周辺機器を引っぺがして丸裸にして引き倒して分解するのはためらわれます。サブマシンの元ME、今XPから開始。

おおっ。すごい埃↓(羽の間のもこもこ)。

090625fuji1

ピンセットでつまんで取って、掃除機の先に古ストッキングのカバーをつけて吸い取ります。こんなにたくさん↓。

090625gomi1 

蓋して組み立てて、無事起動することを確かめて、いざ本命へ。
(しまった、綺麗にした後を撮るのを忘れた)

本命も凄い↓。

090625fujis1

綺麗にお掃除します。ピンセットだけでは取れないので、特製ブラシ を作りました。髪染め用のブラシをのこぎりでぎこぎこ切ったものです(右側の小さい方を使用)。

090625brush

綺麗になりました↓。

090625fujis2

こんなに取れました↓。

090625gomi2

組み立てて起動を確認します。じゃーん。快適です。

そういえば、おかしくなる前、パソコンがウイーングイーンと凄く唸ってましたっけ。あの時に気がついていればこの3日ほど心安らかにすごせたのに。

後悔先立たず・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パソコンの熱中症1

6月22日(月)は、熱い上に湿度は70%になりまして、修理した扇風機を回してもサウナに入っているような温熱地獄でした。

人体はなんとか適応できたのですが、パソコンが熱中症みたいになりました。内職のお供の大事なWindows XPパソコンが挙動不審です。

6月23日(火)に気が付きました。ファイルの移動ができなくなっている。

そんなんどうでもいいじゃん、と口走りそうになりますが、ファイルが移動できないということは、バックアップができないということにもなります。ああん。

もちろん、ウイルスチェックもシステチェックもデフラグもしました。ダメです。かくなる上はシステムの復元か・・・

しかし、この機能、MEパソコン時代にやりまして、結局リカバリするはめになりましたゆえ、余り使いとうない。ネット検索しても、そのたぐいの情報ばかりがどちゃりんこと。

以下悪戦苦闘

(中略)
システムの復元実行。

(中略)
復元ポイントをいろいろ変えてみても復元がでないです。マイクロソフト様のサイトのご忠言の数々を片っ端から実行してもだめ。かくなる上はセーフモードで立ち上げて実行。おおっ復元されていく。

(また略)
復元したけど、ファイルの移動ができない(すなわち、エクスプローラー機能が機能しない)上にインターネットエクスプローラーも使えなくなったぞっ。

(またまた略)
結局、元(23日の状態)に戻しました。思うに、アップデーターにほいほい従ってインターネットエクスプローラー8なんぞをインストールしちゃったのがいけないんでは。しかし、どうやって削除したらいいんだい???

下手にいじるとまたどこかおかしくなりそ。ファイルの移動ができない以外は使えるんだし。って、移動ができないってことは最初に実感した通り、外付けHDDやMOにバックアップもできねえってことです。一大事。

(またまた略)
「まめFile」というフリーソフトを探し出してきてインストールしました。みたとこエクスプローラーみたいで使えます。いやあ、拾ってくれる神様はいるもんです・・・

(根本的な解決にはなっておりません。リカバリするべきでしょう。もろもろで最低2日はかかりますなあ。その前に、新しい外付けHDDを買ってきてデータをバックアップしなくちゃ。また出費だよ~ この際「SuperXP Utilities Pro 6」も欲しいし・・・)

6月24日(水)XPパソコンが絶不調です。あれからエクセルもまともに動かなくなっているのに気づきました。ぐえ。どうにもなりましぇん。ネットで、エクスプローラが壊れてしまったときの対処法みたいなのを探し出しましたが、怖くてできません。

どんなに怖いかはこちらを。
http://q.hatena.ne.jp/1152069099
*************************************************
(略)一つの方法として、現在システムフォルダにあるntdll.dllを正常であると確認できているntdll.dllに置き換える方法を示しておきます。(略)

?スタートメニューの[ファイル名を指定して実行]を開き、
C:\sp2\WindowsXP-KB835935-SP2-JPN.exe -x
と入力してENTER。(大幅略)

?コマンドを実行。(以下一行入力してはENTERを繰り返す)
↓------入力内容------
ren c:\WINDOWS\system32\ntdll.dll ntdll.dll.old
copy c:\sp2\i386\ntdll.dll c:\WINDOWS\system32\ntdll.dll /Y
↑------ここまで------

以上でntdll.dllの入れ替えは完了です。
入れ替えるまえのファイルは、ntdll.dll.oldというファイル名で残してありますので、問題があれば、ntdll.dllを削除して、ntdll.dll.oldをもとのファイル名に戻してください。
ファイルのある場所は、
c:\WINDOWS\system32\
です。

上記は、Windowsのシステムフォルダ内の重要なファイルの書き換え作業ですので、それなりのリスクが伴います。(略)
*************************************************

となればすることは一つ。さっさとデータをバックアップしてリカバリしなくっちゃ。ハードディスクを買いに行こっと。
(中略)
500GB、USB & FireWire & eSTA接続で11800円をゲット。お安くなりましたなあ。では早速バックアップを・・・

なぬっ

ファイルの移動ができちゃうよ。れれれ、どういうこと? なんだか分からんがとにかくバックアップ。ええとIE1394につないでと・・・ コードが入ってないよお。Windows用のコードは片方がFireWire400でもう片方がちっこいサイズのだよぉ。Mac用のしかはいってないよぉ。ぐじゅっ。お家に帰ればあるけれど、ええい、USBにつないでバックアップだい。

と、XPのバックアップ機能を使って開始。落とし穴1個。HDDのフォーマットがなんたらかんたらで(NTFSじゃないと言ってるみたい)4GBしかバックアップできないだとぉ。

ええい、直にコピーしたるわい。(HDD内にバックアップ用のソフトがはいっているらし。しかし説明書がない上に全部英語・・・買う時に店員さんに素人が使うんですけどと言ったのに・・・。USBだとどんだけ時間がかかるんだろ。お家にとりに帰れば良かったかなあ。)

コピーしながらエクセルも開いてみました。ぐぐぐっ、普通に使えます。どういうこっちゃ。先ほどのサイトの記述に

「ntdll.dllの関数を利用することができない状況」

という記述もありましたから、関数を利用するエクセルも道連れでエラーになっていたのか。どうして突然直ったのでしょう。断末魔の空元気じゃないですよねえ。もしかしたら、昨日からエラーパソコンに扇風機2台をあてて冷やしていたから? やっぱり熱中症だったんですかあ。

(大幅に略)インターネットエクスプローラー8はマイクロソフト様のサイトの記述に従い、無事アンインストールしました。(が、結果から考えると、8が原因ではなさそうなのでそのままにしておいても良かったみたい)

↓これを買いました。

090625wd

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月22日 (月)

カボ玉

ベランダカボチャがぐんぐん成長しています。
花もボコボコ咲くのですが、実を結ばすにおちてしまいます。
なんでかなあ、ミツバチがここまで来られなくて受粉できないのかなあ。

そう思っていました。

本日気がつきました。先っぽにカボチャみたいな玉がある!
しかし、どう見ても開花前だよ。マリアカボチャかね。

090622kabo1

むむむ、もしかしたら、とインターネット検索をしましたら、カボチャには雌花と雄花があるそうです。
わあ、知らなんだよこの歳になるまで。
というか、昔教わったと思うのだけど、完全に忘却の彼方へとばしとったよ〜

となれば、昨今「過労死では」とか失踪が話題になっているミツバチの到来をあてにせず、こやつに人工授精、じゃなかった人工授粉いたしましょうぞ。

となれば、となりのこいつも花がしぼんでいるけれど、受粉していない可能性大、これから無理矢理開いて受粉させなくっちゃ。

090622kabo2

(しかし、もし実っちゃったらどうしましょ。重みですだれが落下しそう。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月18日 (木)

扇風機の受難

ムシムシと暑いので仕事場の扇風機を引っ張りだしました。
さて室内はたこ足配線の集大成みたいになってますので、どこから電源をとればいいやら。

しばし考えて、洗面所のコンセントに分岐タップを差し込み、延長コードをつなぎました。
これで少しは涼しくなる(なにせエアコン不備ですので)。

と思いきや、扇風機が動きません。

先日も掃除機をかけようとしたらうんともすんともいわず、壊れた〜と、余計な出費を心配しましたら、電源コードの先の差し込み部分が痛んでいるようで、その部分をつまんだりひねったりすると使えることが判明。俗にいう「だましだまし」使っています。これきしのことでだまされてしまうなんて、掃除機って単純なんですね・・・

扇風機に話をもどしますと、スイッチ部分がぶかぶかしてます。中で何か起きているようです。もう相当使っているし、この際買い替えよう、と思うのは普通の人。普通じゃない(変人という意味じゃなくて、金がないということ)わたくしは「直そう」と考えます。

で、分解してみました。

おほほ、中のプラスチック部品が見事に割れて、スイッチ部分が浮き上がっていました。
(写真は、分かりやすく持ち上げています。)

090618senpuki2

本来、ここに両端を固定されて納まっているべきものです。↓

090618senpuki1

両端の欠け落ちた破片↓

090618senpukibuhin

思うに保管中に重いものでも乗せたのでしょう。誰だ、こんなことをするヤツは! と怒鳴りたいのですが、多分わたくしです。さっさと直しましょう。

と思うものの、仕事場には接着剤がない。お家に帰れば、わたくしの修理好きを証明するかのように、各種接着剤があるのですが・・・ 取りに行くほど暇でなし。明日にするべ。

ところで、わたくしは写真を携帯のカメラ機能で撮っています。デジカメ欲しいけれど、オゼゼに不自由しておりますもので、我慢我慢。携帯だって結構きれいに撮れます。

の筈が、ここ数日ぼけ写真ばっかり。壊れたかなあ、と思っておりましたが、本日設定をいじって、画質が「メールモード」になっていたのを発見。そういえば先日、メールで送る必要があって変更して戻すのを忘れていたと、ようやく思い出しました。ぼけかまし。年取るってやあねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月15日 (月)

田舎の夏模様

週末は恐怖の実家詣でをいたしまして、ばあ様の愚痴をたっぷり聞かされて、我慢に我慢を重ねた挙げ句、切れ上がって爆発してまいりました。

認知症老人相手に何をしとるんじゃ、と自己嫌悪に陥りながらも、ばあ様、ひょっとして確信犯ではないかい、との疑問もむくむく。

だって、実に巧妙に相手を怒らせるようにしむけるんですもの。そら怒った、と内心でにやりとしているような気がするのは、わたくしがコモノだから?

ばあ様も50年前は元気な主婦でした。月日の経過とともに万物はかわります。
昔、わたくしが魚を捕った小川(農業用水)は、いまでは川底も両岸も(時には上まで)コンクリートで固められて下水のように濁って住宅街を流れています。

この川は住宅街の外れを流れるので、比較的綺麗な方です。↓

090615kawa

ちょっとばかし昔がなつかしい。

昔水田だったところは、ほとんどが宅地化しました。取り残された一角が私設市民農園みたくなっています。日当りがよいので、6月というのにひまわりだのグラジオラスだのと真夏のような光景です。↓

090615natu

ため息つきつつ東京に戻ってみれば、rainy season真っ盛り、いきなりの土砂降り。
雨があがってみれば、階段下が苔むして・・・

090615koke

出口はどこにあるんだよ〜、(と叫んだところで介護に終わりはこない)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月12日 (金)

ストレスにはお買い物

ストレスがそれほど溜まっているわけではありませんが、明日は恐怖の実家帰りを実行します。

ですので予防措置としてお買い物。本当は今朝の新聞織り込みチラシにあった、ホーキンスのサンダル1980円なりを買いに隣町まで行きたいのですが、いろいろと野暮用がありまして近場でストレス対策です。

で、買っちゃいました。6月10日に出たばかり(発行日付は6月15日)の萩尾望都様のフラワーコミックスアルファ「レオくん」。猫漫画です。わーい、いいだろ(と海の向こうのワイワイへ)。

090612leo_3

ついでに100円ショップでボールも買いました。

仰向けに乗っかって背中をぐりぐりして肩凝りのツボをほぐして全身の状態を良くして耳の水ぶくれを解消しようと先日から探していたものです。いぼいぼもついていて丁度よいです。ついでに空気入れも買いました。〆て210円なり。

090612ball_2

問題はわたくしの体重に耐えられるのか、ということ。れっきとしたバレーボールやサッカーボールなら大丈夫なのですが、ちゃんとしたブツはお高い。

それはともかく、ボールと空気入れと二つならべて画像にすると、どことなくいかがわしい物体に見えるのは、見る人の品性の問題でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月11日 (木)

カボチャの王国

ベランダの空き鉢で堆肥を作ろうと、生ゴミに土をかけてせっせと溜めておりました。

晩ご飯においしくいただいたカボチャの種も勿論入れました。

当然の結果だと思うのですが、カボチャの種から芽が出て大きくなって触手を伸ばしすだれに絡み付いてくねくねと窓を覆ってのたくっております。

なぜか、ゴーヤの種は全滅でした。

今流行りのグリーンカーテンみたいで雰囲気はよろしいのですが、この先実がなりましたらどういたしましょうか。

090611kabo1
こげな花がぼこぼこと

090611kabo2
つぼみもいっぱい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月10日 (水)

本当に「突発性難聴」?

本当に「突発性難聴」なんですかねえ? 
「再発」事態が定義にあっていないし。

日によって症状が変動いたします。すっきりの日もあれば、低音がばこんばこん響き渡る日もあります。

6月5日(金)に頭の中でバタバタ大昔の足漕ぎ脱穀機みたいな音(どんな音だかわかるかな)がしていましたら、翌6月6日(土)はプールの底に沈んだような耳詰まり再現、聴力右:左=10:5。ひえええ。

6月7日(日)にはましになったものの、左が8くらい。リンパの流れがとどこっているような気がしまして(すなわち、内リンパ水腫?)、せっせとマッサージ。気のせいか症状が軽減したような。

6月8日(月)聴力は回復した気がしますけれど、低音が響く。歩いていると、耳元を流れる空気の音が暴風雨みたい。

6月9日(火)整体で思いっきり揉まれてきました。首や肩などがすんごく凝っているそうです。さっぱりした「気がします」。揉み代5000円なり。高いか安いか・・・

本日6月10日はとりあえずすっきりしています。反動がきませんように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 3日 (水)

洋服店の看板オヤジ

「How much is that doggie in the window?」という歌があります。

パティ・ペイジの歌声で知られる往年の名曲です。

日本語に訳せば、

「ショーウインドウのあのワンちゃんおいくら?」

ですが、日本語の曲名は「ワン・ワン・ワルツ」でした。

近所のオーダーメイドの洋服屋さんの店先に、精巧な犬のぬいぐるみがありました。

よくできているなあと、思って眺めていたら、わたくしの歩行にあわせて首がぐるりと回ります。試しに、「わん!」と話しかけたら「わん!わわん!」と威嚇されました。

本物でした。ミニチュア・シュナウザーとかいう犬種だと思います。

090603oyaji

店頭にいる猫や犬は雌雄に関わらず「看板ムスメ」と言うのでしょうが、この場合は見た目が立派なヒゲつきゆえ「オヤジ」にしか見えません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

突発性難聴 様子見

本日、受診してまいりました。聴力検査の結果は良好、自覚でも本日は良好。多分このままでよろしいのでしょうが念のため、

(アデホスコーワ顆粒10%+メチコバール顆粒500μg)×1日3回=様子見

となりました。わたくしが「たくさんくれろ」と言ったもので、28日分出ています。わーい。

(インターネット情報によると2つとも重大な副作用はないらしいですので、メチコバールに関してはビタミンB12を自分で買うよりお得かと、つい。アデホスコーワは、自分の判断で飲まなくてもいいですよ、みたいなことだし)。

●ここで、突発性難聴のおさらい。

第1回目の発症:

4月中旬頃
4月20日受診、聴力検査の結果「難聴」にて、
プレドニン+ムコスタ+アデホスコーワ+メチコバール(4月27日まで)、
アデホスコーワ+メチコバール(5月11日まで)服用。
ほぼ回復したが、疲れると「耳がぶわんぶわんする(低音が響く)」症状が少々あり。

再発(?):

5月18日より「耳がぶわんぶわんする」症状あり。

5月25日、聴力低下を自覚して受診。再発。検査結果は前回受診時より聴力低下。
プレドニン+ムコスタ+アデホスコーワ+メチコバール服用開始(6月1日まで)。夕方急速に症状消失。

5月26日、症状消失。やれやれと安心したら、

5月27日、耳がぶわんぶわんと低音響きまくり。頭の中の血の巡る音まで聞こえてくる気がする。聴力の低下はなし。前夜は明らかな不眠。不眠の原因に思い当たる節なし。

5月28日、受診。少々ぶわんぶわんするも、聴力は自覚では異常なし、検査の結果も聴力回復。

5月29日~6月2日 日により状態変動。不眠の翌日は頭の中に低音が響き渡ってなけなしの思考力低下。視力も落ちるのが気になります。肩こりも少々。聴力低下はなし。比較的眠れた翌日は諸症状消失。

6月3日 受診。聴力検査の結果は「とても良い」。

5月25日に服用開始したステロイド剤の影響(ムーンフェイス)が、昨日6月1日頃から出はじめたようで、顔の皮膚がぱんぱんになった感じがして、頬が重い気がします。

今回のステロイド剤の服用状況は、4月24日の第1回目と同じ日程進行で、1週間かけて1回3錠からゼロになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 1日 (月)

急性低音障害型感音難聴?

あらら、月が変わっちまいました。梅雨に入っちまったような雨降りと曇天ざますわね。

わたくしの頭もどんよりしまして、昨日までは調子よかったのに本日はまた耳の中でブォンブォンと荘厳な重低音が鳴り響いています。あ~っ、まだ、耳の話が続くだよ~

すわっ再発、と耳鼻科に行きましたのが5月の25日でありました。26日にぴたりとおさまったのに、翌27日にまたぶわんぶわんになり、翌28日にはまたぴたりと治まり、その状態で再度受診しましたら「良くなってますね」と言われました。

な~んかすんごくムラがあるんですけれどいいんでしょうか。お医者さまに楯突きたい気分ですけれど、とりあえず翌週も受診するので28日は薬を出してもらって帰ってきました。

しかし、亀の甲より年の功よりご来光、期待乞う、お医者様に楯突く代わりにちょこっとカマをかけてみました。耳の奥が水ぶくれているん感じがするんですけどぉ、ナントナナントカだとかってことありませんかぁ・・・って。

もうちょっと治療しないとわからない、とあっさりかわされました。

そうですね。素人が口出ししちゃいけないもん。と思いつつ胸の奥底で疑問がむくむくと成長します。1回こっきりだから突発性難聴というのになぜに再発するのじゃ、それは違う病気でねえか、と怖いもの知らずの素人が探るとインターネットには情報が溢れてて、わあ大洪水だよ溺れるよ。

で、たどり着いたのが、

------------------------------------------------------

「ストレス性難聴について」
「低音障害型突発難聴 (急性低音障害型感音難聴) 」
http://www.3443.or.jp/tsushin/t0403/t0403_1.htm
従来、 低音型突発難聴、 急性低音障害型感音難聴という病気は、 突発性難聴の一つであろうと言われていました。

------------------------------------------------------

「急性低音障害型感音難聴」
http://www.kashiwamura-clinic.com/d-lowsnhl.html
突然耳が詰まった様な症状で発症する耳の疾患です。「聞こえない」と言うほど強い症状ではないのですが、 「耳が詰まった感じ」とか「音が変にゆがんで聞こえる」などの症状になります。人の話し声の周波数よりもむしろ低い周波数が 聞こえにくくなる、急性感音難聴の一つです。聴覚の神経である内耳(蝸牛:かぎゅう)に異常が起こって生じると考えられています。 「蝸牛型メニエール病」「内リンパ水腫」などと表現する先生もいます。

--------------------------------------------------------

これ以外のサイトの情報もつき合わせますと、いわゆる「突発性難聴」とひとくくりにしていたものが少々違うような気がします。薬は、急性低音障害型感音難聴の方は、内耳の水ぶくれ解消用にプラス利尿剤となるようです。

ところで、わたくし、お医者様にカマをかけましたが、「カマ」とはなにのことなのでしょう。お釜? 鎌?(物騒な) まさか魚のカマじゃありませんよね。先生の頭にマグロの鰓が乗っかってたりとか・・・お釜が乗っかってるのもねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »