« 突発性難聴その後 | トップページ | 突発性難聴 経過は良好? »

2009年4月25日 (土)

突発性難聴 味が変

なんか変だなあ、と思ってはいました。

何を食べても、まずいとは言わないけれどおいしくないのです。昨日の夕食も、生の鰹の刺身(解凍ではないという意味)だったのに、おろし生姜をたっぷりつけたのに、うまみゼロ。たきたてご飯も、もそもそと、小麦粉を練って細かい粒にして茹でたのを食べてるみたい。

やあねえ、と思っていました。

で、今朝はのんびりと紅茶を入れて、ミルクをたっぷり入れて頂きました。わたくしの好物です。実に滋養溢れる味でして、さあ今日も1日元気だぞ!という飲み物なのですが、ぬるぬるしてます。

(実はここのところ、しばらく紅茶がおいしくなかったのですが、ミルクがいつものと違うからと思ってました。いつもは生協の低温殺菌の、貧乏人の唯一の贅沢みたいなお高いやつなのに、切らしてしまってスーパーの特売品を買ってきました。だもんで、本日は生協牛乳に戻したのに)

煎れ方が悪かったかな、と再度沸かしたてのお湯でポットもカップも十分温めてやって見ましたが、舌の上でぬるぬる、かつざらざら。

はて、面妖な。

というので、ネット検索しましたら、現在服用中のステロイド剤のプレドニンに、味覚障害の副作用ありとの記述を多数発見しました。およよ。塩味を感じないという人が多いようです。

わたくしも、醤油をなめてみましたところ、「これは醤油だ」とはわかるのですが、しょっぱくないのです。

うへえ、味覚障害だ。

一般に亜鉛とマグネシウムが不足すると、味覚障害になるようですが、プレドニンには「キレート作用」=ミネラルの排出作用があるようです。

落とし穴ですかい。

もうじき、プレドニンの服用は終わるはずです。終了しても、味覚が戻らなかったら、今度は味覚障害の治療ですかい。

1個病気をすると、各種症状の玉突き状態になるのですねえ。

|

« 突発性難聴その後 | トップページ | 突発性難聴 経過は良好? »

病気・突発性難聴」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525834/44784066

この記事へのトラックバック一覧です: 突発性難聴 味が変:

« 突発性難聴その後 | トップページ | 突発性難聴 経過は良好? »