« とうが立った蕗の薹 | トップページ | おひな様失踪 »

2009年3月 2日 (月)

人形のストレス

無機物である筈の人形が涙を流したり髪が伸びたりするのは都市伝説の類ですが、では、人形はただの物体であるかというと、接する人間の思いによって、結構変化します。

早い話が、衣装を変えてやれば明るくなったり華やかになったり、髪型を変えてやればいちだんと可愛くなったり・・・まして口角を削ってあげてやれば淋しげな表情が笑顔に見えてくる・・・

ピノコに最初にお目にかかった時、箱から出したばかりのせいもありましたが、「暗いへちゃむくれ」の一言。写真とえらい違うでねえか、と頭を抱え込んでしまいました。

仕方ないので、分解して目玉の位置を直したり、妙なペイントを落したりいろいろ手を加えまして、しかしそれでもへちゃむくれだったのですが、毎日見ているうちに目が慣れたのか可愛く思えてきました。

こうして写真にとって見ると、可愛い可愛い、こんな子いるよね、の雰囲気です。

ピノコはきっと家に引き取られてくるまでにあちこちで「可愛くない」と邪険にされてストレスがたまって、どよ~んとしていたのだと思います。

090302pinoko

お友だちにいかがでしょう?

|

« とうが立った蕗の薹 | トップページ | おひな様失踪 »

コモノ 人形」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525834/44221804

この記事へのトラックバック一覧です: 人形のストレス:

« とうが立った蕗の薹 | トップページ | おひな様失踪 »