« 日本噴火列島と目玉の中の嵐 | トップページ | おばちゃんは歩く »

2009年2月10日 (火)

なめくじ屋敷

東京は寒い日が続きます。

気温も冷え込んでますけど、景気もびしばし冷え込んでます。毎日のニュースが、どこそこの大企業が人員削減・・・・なんてのばかりです。わたくしのところは元々不景気ですから今更なによ、という感じですが、どうなっちゃのでしょうかねえ。

歴史的には、こういう時には一発戦争を起こして力づくで儲けよう、なんてこともありましたようですが、それだけは願い下げです。

先週末は田舎のばあ様のところに行ってまいりました。

ばあ様は認知症ですから、実にころころと話が変わります。変わりますけど、一見まともですから、話の内容によってはわたくしは実に腹がたちます。相手に合わせなければいけないそうですが、未熟者ですのでついマジ切れしちゃって・・・・なにやってんでしょうかねえ、とあとからいや~な気分です。

先日も、デイサービスに行きたくない、あんなとこ嫌だ、とぐちぐちぐちぐち、延々と続きますので、

「そんなに嫌なら行かなくていい!」

と言ってしまったところ、ばあ様、豹変いたしました。

「行きたくないなんて、この私がそんなこと言うはずがない。
 楽しみにしてるんだもの行くに決まってる。
 みんなと話をしたり遊んだりするんだから」

と、わたくしがとんでもない嘘を言ってばあ様を困らせている、というような話になります。

ばあ様は、人の悪口も言います。それもちょっとやそっとの悪口ではなくて罵詈雑言のヤマアラシみたいなのをバズーカ砲みたいにぶっ放します。

しばしば目の前のわたくしがばあ様の子供だということを忘れますので、わたくしにむかって

「○○○(わたくしのこと)なんかちっともあてにならん」と憎々しげにおっしゃるのです。

わたくしは、包容力のないコモノですから、むかーっとくることおびただしいのです。

かくして、田舎行きは疲労困憊の旅です。
ようやくお家に帰りついたら、お帰りと出迎えてくれるものあり。

090210namekuji

↑こいつ(机の上のナメクジ)

放り出しても放り出しても湧いて来ます。
先代が卵をどっさり産んでいったのでしょうか。

こういう状況で遭遇すると、いとおしいような、やっぱり腹が立つような・・・・

|

« 日本噴火列島と目玉の中の嵐 | トップページ | おばちゃんは歩く »

ちまちまご先祖様」カテゴリの記事

動物・ムシ愛づる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525834/44016881

この記事へのトラックバック一覧です: なめくじ屋敷:

« 日本噴火列島と目玉の中の嵐 | トップページ | おばちゃんは歩く »