おさんぽ1・武蔵野(武蔵境

2015年4月22日 (水)

魔神のザクザク行進

頭の中がザックザックと波打っています。

いわゆる「拍動性耳鳴り」。

原因はなんだろうな。

子どもの頃は「ザックザック」が深夜に町を踏み潰しながら近づいてくる巨大な魔人・魔神の足音に聞こえて、毎晩怖い思いをしました。多分成長期の貧血が原因。

お腹が大きかった時には頭の中でぐぅわんぐぅわん鳴り響いていました。原因は貧血でお薬を処方されました。

そして、近頃。

貧血はあり得ない。酸欠かな、と深呼吸したり。脱水かな、と水を飲んだり。良くなることもあれば改善しなかったり。

もしかして血圧が高くなっているのかな。もとは低血圧気味だけど、寄る年波に負けて血管が固くなっちゃったかな・・・

そう思ったもので、夜に血圧を測ってみました。

ひええ。

血管がぶっちぎれそうな高血圧~、じゃなくて、上が88下が63ですと。

下はともかく上が低すぎでねえですか。おかしいな。

しかし、なんど測っても上は80台、下は50台に突入し・・・

なんだかわからんが、風呂入ろう。

風呂上りに再度測ってみました。普通、風呂上りは血圧が低下するんでしたよね。

・・・たいして変わらない。

なんだかわかりません。こういう時は寝てしまおう。

翌朝。上が108で下が76。いずれにせよ、脈圧(最大血圧-最小血圧)が小さい。

運動不足かな。ここのところ座りっぱなしが多いし。肩凝り復活してるしなあ・・・

今度の週末お天気が良かったら、久しぶりにお散歩に行きませう。

ということで、18日の午後、もそもそ近場を歩いてきました。

↓このレトロな建物は何でしょう。

9241_150418jousui2

東京都水道局境浄水場内にありました。

9241_150418jousui1

ネット情報によりますと、「六角井」のようです。

wikipediaには 集合井(八角井、六角井)

八角井は濾過池甲群の濾過水あるいは東村山浄水場から東村山~和田堀線(φ1,600mm)で送水された上水を第一境・和田掘線(φ1,890mm)で和田掘給水所へ送水し、六角井は濾過池乙群から接合井(おぼれ堰)へ濾過水を送水する。〉

「八角井」は、写真に写っていない右部分にあるようです。

年2回の公開日では、立ち入ることのできない部分です。

鉄柵の隙間からカメラだけ中に入れて撮りました。素振りが怪しかったろうな。監視カメラに撮られているかな・・・中に入って、こちら側を見学したいなあ・・・

↓緑になりかけの台地も浄水場内です。

9242_150418josui1

「天日乾燥床」とかいうのかな。乾燥してないけど。

駆け上って遊んでみたいな・・・芝滑り、できるかな・・・

田舎の土手を滑り降りた遠い日を思い出しつつ、あれこれ妄想しながらぐるりと回り、水道道路(井の頭通り)側に出ました。

浄水場の脇は、ちょっとした散歩道になっています。

9247_150418josui

だいぶ前に整備されちゃいました。以前は土の道でフェンスもありませんでした。あの頃が懐かしいけれど、時代は進むのよね。

上の写真ではよく見えませんが、植え込みには花がびっしり。紅系の綺麗な花ばかりでした。

↓ライラックは緑に・・・(古いなあ・・・)

9244_150418lilac2

Harry Belafonte - Green Grow the Lilacs
https://youtu.be/QfnqycUSvy8

Ed McCurdy - Green Grow the Lilacs (Civil War Song) 
https://youtu.be/3BCNSeDOqKw

↓玉ツツジ、じゃなくてシャクナゲ(石楠花)。

9246_150418tutuji

頭ほどの花の塊がぽこぽこ咲いていました。

頭上から、はらりと何か落ちてきまして。

9249_150418gyoi

おお、御衣黄ではございませぬか。花びらが緑色の桜。しかして、樹はどこに? きょろきょろと見あげましたが、お姿がございませぬ。若葉の新緑に紛れちゃったかな。

大事大事に持ち帰って、水をはった小皿に入れておきましたら、いまだに元気です。

9259_150418gyoi

花の命は結構長い。

浄水場の周囲をぐるりと回って、玉川上水に出ますと、今度はぎっちりと花をつけた桜に遭遇いたしました。

少し遅く咲く八重桜です。

9250_150418tamagawa2

八重桜にもいろいろあるのでしょう。ウチの近所のは、ど派手な赤に咲きまして暑苦しいくらい。

あてもなく玉川上水を遡りますと、おいしそうな若葉がございました。タラの芽とは似つかぬ風情なれど、いたく食欲をそそられます。けど、食べちゃだめ。

9253_150418me

正体不明のモノは食べちゃだめ。ニュースで全国区に名前を知られる可能性あり。

独歩の森を通り抜けて武蔵境駅に行きまして、さて帰りましょう。帰りは本村公園にしようかな堀合遊歩道にしようかな、とことこ歩いて行きましたら

「はいっ、通行料500円ねっ」

9254_150418wanko

と道行く人をにらむワンコどの。

「なに、ただで通ろうっての。いい根性してるねえ」

などとは言いませぬ。ドッグカフェ入り口の看板犬(置物)でした。

気がつけば堀合遊歩道。気がつけば八重桜並木の満開。

9257_150418sakura

ここの八重桜もド派手な色合いでした。

遊歩道の隣はド田舎風景。

9258_150418nouka

通るたびに信じられない思いです。少し右へずれればバックは高層マンションとなります。

この後はおうちへ向かって、てれてれたらたと。締まりのないだらだら散歩でした。

それでも1万5千歩くらい歩いたのが効いたようで、翌日の血圧は上が103で下が58。

人間やっぱり、パソコンの前に1日中座りっぱなしはよくありませぬ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年12月17日 (水)

武蔵野ふるさと歴史館

14日、衆院選投票のあと歩き出してしまって、気が付けばグリーンパーク遊歩道をたどっておりました。

途中に親水公園がありまして、この季節寒々しくて人もおらず写真撮る気もせず、ただ歩いて・・・敷石踏んで水路を渡って・・・

ん? 塩素臭い。

9063_141214taki

流れる水は循環水です。その殺菌臭でしょうが、いつもは気になりません。匂いに敏感になるのは大抵体調不良の時。やば。

だけどこのままくしゃくしゃ脳みそを抱えて室内に閉じこもるのはもっとやばい気がする。先行こ。

で、どこ歩いたんでしたっけ。気が付いたら「独歩の森」でした。

9065_141214doppo_3

かさこそかさこそ、枯葉を踏んで歩くのは気持ちよかったですよ。

かさこそかさこそかさこそ・・・

あそこ行こう。本日オープンの「武蔵野ふるさと歴史館」。

武蔵境の駅を通り過ぎて東小金井駅に向けて歩くこと十数分。その間、JR中央線高架下の店舗がいろいろ埋まってきたなあ、と横目で眺めて、でも人通りすくないけれど商売になるのかな、と余計な心配をしつつ、到着。

元西部図書館を転用した小さな歴史館です。

惜しいことに写真撮影一切ダメ。なんでですかね。最近は、三脚使わない、フラッシュ禁止など条件付きで撮影可のところが多いですよ。

写真撮ってもらった方がPRになるのに・・・

で、感想です。規模が小さすぎて物足りません。

という事態を見越してかオープン初日だというのに見物人少なかったです。市内には空地多数あります。もっと立派な館が欲しいです。

箱モノの時代じゃない? 

とりあえず気が済んだので帰ることにします。えーとどっち行こうかな。なるべく通ったことのない道を行きましょう。

そうすると、こういうものが見つかります。地域バスのバス停。

9067_141112fishing

フィッシングセンターは2012年11月30日閉店しました。西部図書館は2011年3月31日に閉館しました。共にバス停の案内板にしか存在していません。

投票所帰りでしょうか、おばあさんの車椅子を押して通りかかったおじいさん、「ほら、○○さんの釣り堀だよ」と話しかけていました。今は無き釣り堀、老夫婦の脳裡には濃厚に残っているのでしょうね。

一つ先は「日獣大馬場」ですと。

9069_141214baba

すごいな、大日本帝国巨大戦闘馬の総合競技場みたいだな。→日本獣医生命科学大学馬術部馬場のことです。

前回馬術部の近くに来たのに、馬の気配すらしませんでした。ホントに馬いるのかな。行ってみましょう。

と、獣医大の南の通りを歩くと、折からの風に乗って厩舎の匂いがぷーんと。間違いありません。いるぞーっ。

しかし、どこに?

ぐるーっと周囲を歩いてしまいました。バス停の「日本獣医生命科学大学」の近くの門から構内を覗きこみますと、おお、厩舎だお馬さんだ。

9071_141214uma

分かりませんかね。アップだとほら2頭が外見てます。

9071_141214uma2

ちなみに、厩舎の薄緑の屋根の上の白いのは中央線の高架です。ただいま電車通過中。上部がちょこっとピンボケに写っています。

この日は散歩予定ではなかったので、地図持ってないし、カメラも3倍ズームの古いのだしで、いろいろ不本意。

またお馬さんの写真撮りにきましょうかしら。

で、カメラ構えている最中に、武蔵野ふるさと歴史館へ行こうとしている方に道を聞かれました。行ってきたばかりですから、大威張りで教えられますが、この爺さん、ただの爺さんではありませんでした。

ワタシを人畜無害と思われたのでしょうか、いろいろと話してくださいました。

さる大会社の元重役で市内に人脈がっぽり市外各界にも人脈がっぽり資産がっぽり知識学歴がっぽり著書もある・・・

お名前は聞きませんでした。

話の内容を総合推察するとすぐわかっちゃう時代です。あらま、ネットに住所出してますわね。ご近所さんですわね。個人情報の取り扱いには注意しなくちゃだめですよ。

その後、駅前に出て、イトーヨーカドーでお洋服見て、でも欲しい買うものありません。冬の厚手のスカートが欲しいなとか思ったのですが、女性のスカート人口は中高年においては著しく低下しており、冬ともなればなお一層低下。よって品数極端に少なし。やっぱり自分で作ることにします。

↓路上のファイヤーマン。いや、マンじゃなくてファイヤーファイターですか。

9072_141214bouka

この後、昔の武蔵境駅北口は住宅街で、農道のごとき細い曲がりくねり道に面して趣のある家が多かったことを思い出し、でも開発されちゃったろうなと思いつつ進んでみれば、面影全くなし。

そりゃそうだろうな・・・帰ります。

と歩いて向かったのは本村公園。

9074_141214motomura

武蔵境から浄水場の線路跡利用の遊歩道公園です。この時点でかなり日が傾いていまして、結構薄暗くなっていました。

この道をたどって玉川上水に出て、浄水場の横に出て、その先が昨日書いた通りの道でした。

ちょこっと歩きは、これにておしまいです。脳みそのもやもやが少し晴れました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月16日 (火)

ヒクヒク

♪遠い遠い はるかな道は

9079_141214matu

♪冬の嵐 吹いてるが

9083_141214josujo

♪土手には 花が咲いてる

9081_141214josuijo

♪ひとりひとり 今日もひとり

9080_141214matu

♪せっせと歩く 21415歩・・・

荒野のごとき情景は、東京都水道局武蔵境浄水場の脇です。写真に写っていないだけで、周囲には民家もビルディングもあります。

↓こんな道路に面しています。

9075_141214doro

多摩南北道路1号線です。調布保谷線です。まだ全面供用とはいかないようで、コーンが並んでいます。

9076_141214doro

俯瞰写真を撮ったのは、階段登った上の通路。

9078_141214josuijo

上の通路からは浄水場の中が覗ける・・・わけでなし、なんでこんなところに通路を。そう思いつつ、とりあえず登って歩いてきました。道路の眺めがよかったからいいか。

14日の夕暮れ時でした。衆院選投票日でした。

日曜だというのに、朝、仕事場へ行きました。某爺に薬を飲ませにゃいかんです。抗生剤はきちんと服用しないと耐性菌産出に貢献してしまいます。

爺様は、もしや前世はナマズであったかと疑いたくなるのらりくらりちんたらり、ヒトの話なんぞいっこも聞いてやしない。薬を飲みましょうね、薬飲みますよ、飲めっ。

切れそうになるのを必死に押えましたよ。押えているうちに、唇の下がひくひく、ひくひく。

あああ、ストレスだ。

ほぼブラック会社で慢性サービス残業休暇なしで仕事していた時は瞼がひくひくしましたっけ。

親の介護で頻繁に田舎に行ってた時は、喉にピンポン玉が詰まったようになりましたっけ。

今度は唇ですか。

今日一日爺様のそばにいたらこっちの身が持ちません。昼と夜の部の薬を用意して、こんこんと言い聞かせ、爺様の投げ売りのごとき安請け合いの言葉を信用することにして帰ってきました。

あーっなんか頭の中がくしゃくしゃ。こういう時は、そうだ、選挙行こう。

行って義務を果たして、なんとなし歩きだしていました。散歩はしないはずでしたが、足はいつもの習慣でとっとことっとこ・・・

投票所からの帰り道は大回りになりました。続きがありますのよ。

おまけ:「銀色の道」

http://youtu.be/iiEFValAiC8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月21日 (火)

武蔵野の森

12日の武蔵境だらだら散歩の4です。

その後また北上して、都立武蔵高校の別の角に出ました。そこで曲がります。

↓少し先にあったお宅。中はだだっ広く、旧家風のお屋敷があります。

8768_141012yasikil350

昔の地主様・・・かな。緑影が濃いな、と思ったら後ろ一帯が「独歩の森」でした。独歩の森へは脇の道を通って行きます。

↓途中のいかにも農家然としたお宅。周囲は東京の多摩の最近の普通の住宅街です。

8770_141012noukal350

写真に写っていない左側で野菜の産直販売をやっていました。性善説に基づく無人販売です。ついつい先客のおばさんに並んで物色してしまいました。

買っちゃいかん、いや新鮮だ、との内なる声のせめぎあいの末、バジル1束100円を手にして、会計用の缶にチャリーン。不正なんぞいたしませぬ。お天道様が見てござりまする・・・

で、右を見たら、「独歩の森」入口でした。

正式には「武蔵野市立 境山野(さかいさんや)緑地」ですが、地元では「独歩の森」。国木田独歩の小説『武蔵野』の舞台だったそうです。

↓こんなんね。

B0312_141012sakaiyama

↓こんな道路も通っていますが、メインは上のような山の中風景です。

B0313_141012sakaiyam

舗装でないところは自転車は入っちゃダメです。

↓こんなんね。歩き以外は入れませんよ。

B0316_141012sakaiyama

ぐるーっと回って北上すると、「入口」らしきところに出ました。すなわちワタシが入ったのは「裏口」。どこまで行っても裏口専門・・・

「入口」脇に説明が貼ってありました。

B0314_141012battal300

要するにバッタランドであるので、心せよ、ということらしいです。

↓ここにいるのかしらん。

B0315_141012sakaiyama

別の道をちょこっと公園内に戻ってみます。

おお、目玉だ。

B0317_141012medama

ピーチクパーチクの口もあるぞ。

B0318_141012medama

↓最近どこにでもいる「怪獣系」タイワンホトトギス。

B0319_141012hototo

え、タイワンホトトギスは絶滅危惧種? ワタシ、名前を間違えているかしら?

とにかく、植物好きには、あれやこれやの宝庫です。なまくらなワタシはまだ遠いお家への帰還めざして先を急ぎます。

玉川上水のあちら側へ行くウド橋の上からの眺め。

B0320_141012udobasi

結構深いです。満水だったら怖い流れです。

ウド橋越えて、田園風景を進めば市立「農業ふれあい公園」。

B0321_141012nagaya

でんと御座す(おわす、と読んでくださいまし)は、市内の旧家「高橋家」の長屋門にございます。

(去年2月の農業ふれあい公園に写真あります。)

↓長屋門の脇の酔芙蓉にございます。

8771_141012fuyo

花の中になにかいるような気がしましたが、気のせいでありました。

少々くたびれてまいりましたが、お家はまだまだ先。

寄り道した「市民の森公園」の道路際の花の植え込み。

B0324_141012hana

もうぎっちり花花花・・・ボケ写真で相すみませぬ。実物は圧巻です。管理は市民の方がされています。

↓竜の髭、でしたっけ。似て非なる植物でしたっけ。

B0325_141012_1437ryu

とにかく植え込みで粒々をつけていました。

↓おおーっと、ここは何でしたかしら。

8774_141012genba

緑地であったことは確かですが、なくなってしまうと思い出せない。

ここいら一帯は急速に宅地化しつつあります。緑残してくれい・・・

(くたびれ果てて、この日のだらだら散歩は撤収に向かいました。げっ、25000歩、歩いてる・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月20日 (月)

花の通学路はどっち

12日の武蔵境目指してだらだら散歩の3です。

中央線の南側を、日本獣医生命科学大学、通称獣医大を横目に見ながらに武蔵境駅につきました。そそくさとお買い物をして、さて、どっちに行こうか。

まっすぐ帰る、はナシ。でも、遠出は今日はしたくない。

ほんじゃ、と「花の通学路」を歩いてみることにしました。以前行ったときはシーズンオフで満開の花には出会えなかったので、今なら・・・と期待して。

で、どうやって行くんだっけ?

地図を取り出して、ふんふん、獣医大の別校舎の横を北上すればいいのね・・・

↓これは何でしょう。

8755_141012kouka

JR中央線は、平成7年~25年の長い年月をかけて、三鷹~立川間が高架線化されました。

沿線は「いつ見ても工事中」続きで、雑駁な工事現場が日常となっていましたが、終了後は、あちこちの駅が一気に近代化しました。三鷹~立川間となっているものの三鷹駅は工事の対象となりませんでしたので、多少の変化はありますが基本旧態依然。

で、上の光景は、武蔵境駅近くの高架下にできた店舗。

武蔵境駅から西へ、橋脚を区切りに店舗が出来上がっておりまして、駅直近のお高級食品スーパークイーンズ伊勢丹の区画をはじめ薬局などが入っておりますが、駅を離れるに従い人通りは少なそう・・・商売になるんかいな。

そう思って歩いてきたら、上の№10店舗は空きのまま・・・そのうち、ここいら一帯どーなるんでしょーか・・・

で。獣医大校舎みたいな建物があって、その先で曲がったら馬術部ですと。

8756_141012bajutu

お馬さんがいるんかいな、とうろうろしましたが見当たらず。(吉祥寺の成蹊大馬術部にはいるんですが。)

深入りして不審者扱いされるのもナンですから、とっとと北上することに。

その後は、適度な田舎道をテキトーに曲がっているうちに、亜細亜大学横に出て、えーと、花の通学路はどこじゃ。

ありましたぞ。

8757_141012tuugakuro

で、今回も空振り。道っぱたのアジサイはとっくに枯れているし、ムラサキカタバミは元気だけれど、カタバミねえ・・・

コンクリート塀の向こうは農地のようで柿やらなにやらいっぱいらしいのですが、なにせ塀とおのれの身長のバランスが良くない。

↓カメラを持ち上げてパチリ。おお、豪勢に咲いているのですね。

8760_141012hana

塀の外からは天辺しかみえませんでしたぞ。

キウイもごっちゃりと。つくづく塀の向こう側に行ってみたいものです。

8763_141012kyui

それにしてもだだっ広い。

通学路の途中にドッグランもあります。見ての通り空っぽ。

8764_141012dog

連休中日では、飼い主様が遠出しちゃってるんでしょうかしら。

↓なんだかわからないけれど実。虫にとってはご馳走鈴生りかもしれませぬ。

8765_141012mi

花の通学路を抜けて、どっちへ行きましょか。とりあえず歩いてくと、都立武蔵高校の角です。校舎が建て替えらえて、中高一貫校化もされまして、多分昔の面影はないんだろうな・・・(十数年前に訪問したきりです。)

角で南下していくと、何やら緑の影が濃い。大邸宅がある・・・塀沿いに歩いた花の通学路の塀の内側はこんなんでしたのね。写真撮ったらセキュリティスタッフがとんできそうな雰囲気に負けて写真撮らず。惜しいことした。

で。コイツは何?

8766_141012paman

大通りに出た所の山中南公園にいました。ラッコのつもりかもしれませんが、ドラえもん風味でもあり、パーマンかもしれない。ほおかむりしたコソ泥にも見えます・・・公園遊具は実に不可解。

この散歩まだぐだぐだと続きます。

(昨日千川上水沿いに歩いていて、全長1メートルくらいの大きな鳥を目撃しました。その話はだらだら散歩が終わってからです。ふっふっふ。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月29日 (月)

アケビかな

木曽の御嶽さんは 夏でも寒い・・・大きな被害が出ています。月並みな言葉ですが、早い収束を祈ります。

-----------------------------

9月21日の日曜日、武蔵境方向にお買いものに行きました。前日の吉祥寺では手に入らなかったものです。

それはなにか、言うも野暮なのでやめておきます。ワタシのじゃありませんです。

なんで他人様(ひとさまと読んでくださいまし。TVで「人の子」という話を見まして、猫の子犬の子人間の子、という類かなと思いましたら、自分の子ではない他人(ひと)の子という意味だそうで。漢字の使い方間違ってるよ)、話が脱線しました。他人様の買い物で日曜日を潰すのは本意ではありませんが、ついでに散歩すると思えばよろし。

武蔵境への道は、東京都水道局境浄水場経由、本村公園(旧境浄水場引込み線)経由です。玉川上水を横切ります。ぎんなん橋をわたります。

お? 橋のすぐ近くで発見。まさかアケビ?

8643_140921akebi

↓ぎんなん橋の名にたがわず、ぎんなん発見。

8644_140921ginnan

↓ぎんなんの樹から橋を振り返ると、土台が由緒ありそうな古物です。

8645_140921dai

元々ここに橋はありませんでした。

8646_140921dai

多摩南北道路1号(調布保谷線)の工事に伴い、東京都水道局境浄水場の敷地も削ってあれよあれよという間に、だだっ広い道路ができ、橋もかかっちゃいました。

この道路についてネット検索しようとすると、(ワタシは)わけわからない状態になっていました。単純に326号道路と思っていたのですが、武蔵野市だけ336号道路となっています。326号 武蔵野市で検索しても行き当たらないわけだ・・・

今回「多摩南北道路」に行き当たり、その内容が (調布3・2・6号、三鷹3・2・6号、武蔵野3・3・6号、保谷3・2・6号)と判明しました。やれやれマヌケなこった・・・

で。

デング熱蚊の代々木公園からは遠いのですが、もう距離は問題ではなくなっています。

8647_140921ka

玉川上水のフェンスにかかっていました。「野川公園管理所」の管轄でしたか・・・

本村公園は、旧線路敷地跡を利用した細長い遊歩道公園です。北には「グリーンパーク遊歩道」南には「堀合遊歩道」が繋がり、それぞれ散歩にはいい所です。ワタシも時々歩きます。

本村公園の萩。秋ですねえ。

8648_140921hagi350

涸れ川「仙川」べりの彼岸花。秋ですねえ。

8649_140921sengawa

高い空。秋ですねえ。

8650_140921sora

じゃなくて、薄く緑色に苔むした材木の断面が面白いと思ったのですが、写真だと意味不明になります。

↓どうということのない木の根っこ。

8651_140921ne

子供の頃は大きな木の根元に小さな人形(グリコのおまけ)を並べて、断崖絶壁密林冒険ごっこに夢中になりました。太い根っこが越えられず「助けてくれ~」「待ってろー今行くから」・・・なんであんなに楽しかったんでしょうね。お金のかからない子供時代でした。

↓どうということのない写真。

8652_140921ne

ブロックの段差は実は木の根っこが持ち上げたもの。植物恐るべし。

この後、スーパーで目的のモノを見つけて買い、よせばいいのに図書館で本を借りて、荷物を重くしました。

電車乗って帰ろうか、と一瞬考えたのは両手に下げた荷物のせいですが、いかんです。歩いてきたんだから歩いて帰らねば。

違う道をば行きませう。

で、涸れ川「仙川」の続きに遭遇。立派な川なのになあ・・・

8653_140921sengawa

JR中央線の武蔵境駅と三鷹駅の間の南側は、「開発途上」の雰囲気ありありです。

8654_140921kaihatu

↓どこの田舎の風景じゃぞい。画面中央下を横切るのがJR中央線の高架です。

8655_140921kaihatu

多摩南北道路1号(調布保谷線)もこのあたりはまだ工事中です。昔の生活道路と思しき道が通行止めになっていました。

8656_140921kaihatu

↓お知らせ。

8657_140921_326

詳しく読む気がしなかったので、読める画像にしませんでした。とにかく工事中。

脇道に入ると、おお、ワタシの好物の古そうな家がありました。窓の雰囲気が実によろしいかと。

8658_140921ie

↓こちらはタクシー会社の本社兼車両基地。古色蒼然・・・

8659_140921furui

で、どんどん歩いていくと、お神輿に遭遇しました。

8663_140921maturi

上連雀神明社だそうです。掛け声がちょっと変わっていた気がしましたが、思い出せません。わっしょいわっしょいではなく、そいやそいやでもなかったような・・・えっさほいさ、だったかな・・・

↓広報担当と思しきお姉さんが上がって写真を撮るのは、太宰治さんで有名な三鷹の跨線橋です。

8664_140921kosen

お神輿が通り過ぎるとこんな風景。

8665_140921kosen

その先の線路風景です。

8667_140921senro

なんでもない景色ですが、いつまで残っているかなあ。JR三鷹駅はすぐ先です。

21日散歩はこれにてお終いです。そろそろ遠くへ行きたいな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月25日 (水)

某日茫々

休日某日。

何もやる気がいたしませぬ。

家でぐだぐだしていると、生きているのが面倒くさくなりそうなので、とりあえず家をでて歩き始めました。

行き先は隣の駅・・・

特に目標はありませんが、ブックリサイクルをやっています。図書館に寄贈された本を、年に数回、欲しい人に持っていってもらいます、という催しです。

広くもない家をどうでもいい本で狭くする生活にいい加減飽きがきていますので行かないでおこう、とは思ったのですが、もしかしてパブロ・ネルーダの詩集でもありはしないかと、助平心を出して・・・

ありません。

二日目の、それも午後に行きましたので、目ぼしい本はとっくになくなっています。

ザーッと見て、そんなもんでしょ、と引き上げかけて目に留まりました。

「冬の落葉樹図鑑」 馬場多久男 信濃毎日新聞社 昭和56年1月20日

130924_rakuyouju

喜んでいただいてきました。

なんでこんな良い本が残っていたのでしょう・・・見かけがボロいから?

葉っぱを落とした冬の落葉樹を、樹形で種類を特定する検索表付き。写真が豊富です。

それぞれの幹の写真に、葉と一部は花の写真も添えていて、分かりやすい。

うん、しばらく楽しめます。

家へ帰って気がつきました。その日はまったくお金を使っていません。人生、それでも楽しいんですねえ。それなりに・・・

その日、ちんたら歩いた道です。

5977130923yuuhodou

↑本村公園と申します。

↓涸れ川は仙川と申します。

5981_130923sengawa

実に麗しい雰囲気で・・・

5979_130923sengawa

無名橋という名の橋から写真を撮りました。

なんと浪漫的な名前、といいたいのですが、この川には無名橋があまたありまして、ところによっては「無名橋1」「無名橋2」・・・などと没浪漫的命名がされております。

その二日ほど前、サッカーグラウンドの横を通りましたら、熱心に観戦している虫がおりました。

5970_130921musi

カメムシ、ですかしら。不明。

おお、撮りっぱなしの画像を見たら、旧式のコンパクトデジカメなのにお月様の表面が写っていました。奇跡。

5973_190321tuki

9月21日の月。大きく写せる機能はないので、トリミングしております。 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年5月10日 (金)

杵築大社のお富士さん

昨日の「5月3日の33000歩の仙川リメイク散歩」は実は後半部で、こちらが「5月3日の33000歩散歩」の前半部です。

地元の杵築大社です。

130503tuzuki

武蔵野市観光推進機構によりますと、
http://musashino-kanko.com/area/musashisakai/kiziki_shrine.html

【「大国主命(だいこくさま)」「事代主命(えびすさま)」を祀る開運厄除け・縁結びの大社】

約350年前、出雲国松江藩初代藩主、松平直政が当所を御用屋敷と定め鷹狩場であった屋敷と伝えられている。

また松平直政は三代将軍家光の従兄弟にあたり、徳川家との縁も深い。

徳川幕府の繁栄と天下泰平を祈願し、この地に出雲の杵築大社(現出雲大社)と稲荷神社の両社を創建された。

本殿、幣殿、拝殿、道路を挟んで参集殿が建ち並ぶ。

戦後商売繁盛の神「えびす様」を出雲の三保神社より合祀し「大国様」と共に二福神を祀る神社として、人々から厚く信仰されている。境内には八坂神社、富士浅間神社、金比羅様、弁天様も祀られている。〉

ありがたやありがたや、なんまんだぶなんまんだぶ(違いますっ)。

はるかな昔に、この近所の果樹園で梨と葡萄狩りをした帰りに寄ったことがあります。

昔のままでしょうか。

結論からいうと、当時の記憶曖昧にて、懐かしいような初めてお目文字するような・・・

もちろん参拝しました。お賽銭が小額ですので、「悪いことがおきませんように」と控え目なお願いをしました。

さて、当日のお目当ては「お富士さん」でした。

富士講(富士信仰)が盛んだった昔、実物の富士山に詣でることのかなわぬ庶民が各地にミニ富士山を作って、お参りしたとのこと。(解釈間違ってるかも)

社務所脇の緩やかな太鼓橋↓を渡って登山口にいきます。

130503fujiike

聞いた話によりますと、太鼓橋というのは、神域と俗界とを結ぶ、または隔てる境界だそうです。心して渡るべし・・・

(ちゃらちゃら渡っちゃったなあ・・・)

鳥居のところが1合目です。

130503fuji1go

うしろの碑は修復に尽力された方たちの名前が刻まれています。

早くも3合目。

130503fuji3go

どなたかご同行くださるそうです。

130503fuji3godoko

ばちあたりもんですが、よろしくお願い申し上げます。

5合目。

130503fuji5go

登山参拾参度の碑。

130503fuji33

33回登るといいことがあるんでしょうか

(ばちあたりもんなので分りません・・・)

ネットには

〈「三十三」とは、「観世音菩薩普門品」(『法華経』)に説かれる、観音菩薩が衆生を救うとき33の姿に変化するという信仰に由来し、その功徳に与るために三十三の霊場を巡拝することを意味し、西国三十三所の観音菩薩を巡礼参拝すると、現世で犯したあらゆる罪業が消滅し、極楽往生できるとされる。〉 by wikipedia

という説明がありました。

8合目。

130503fuji8go

後ろから来た人は、鎖についた鈴をジャランジャラン鳴らしながら登ってきました。

うむ、それが作法なのでしょうね。

↓山のてっぺん、じゃなくて霊峰の頂上。

お社に賽銭あげて、ここでも分相応のお願いをしてきました。

130503fuji10o

格別の幸運は要りませんから、悪いことが起きませんように・・・

お帰りは急な坂のほうで。下界が見渡せます。

130503gezan

境内で狛犬サッカー開始。

↓おーし、行くぞっ。

130503sisi1

(下のちっこいの:オヤジ、入れ歯飛ばすなよ・・・)

↓おう、来やがれっ。

130503sisi2

チビ狛:父ちゃん、まかせときっ。

(下の龍:ヘマしたら喰っちまうぞ・・・)

↓狛犬のお尻がデニッシュロール。

130503komajiri

で、この先、仙川コースに行くまで、あっちこっちふらふら。

スフィンクスやキリンにお会いしたのは、この先です。

こんなビルもありました。壁にばっちり隣のビルが写ってます。

窓の雰囲気がなんともよろしいようで。

130503buil

小さな神社もいくつかありました。

↓精悍な顔のマッチョお稲荷キツネさんです。

130503inari

モデル料兼ねてお賽銭あげてパチリ。

左:「おい、10円で世界平和をお願いしますだと」

右:「かまわん、バチあててやれ」

ひええ・・・あと10円追加しますだ・・・

-----------------------------------

そうそう、前半散歩にはこんなんもいらっしゃいました。

↓失意のおっさんエイリアン。

130503kyouryu1

実は失意のおっさん恐竜

130503kyouryu2

もうちょっと胸張って堂々としてたらいいのに・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年5月 9日 (木)

仙川リメイクの水辺

千川上水ではありません。仙川です。

調布や世田谷まで流れていくと結構大きな河になっている仙川です。

京王電鉄では駅名にもなっている仙川です。

「せんがわ」と読まれていますが、wikipediaによりますと「せんかわ」と読むらしいです。

連休後半初日の5月3日に、世田谷までお出かけし・・・たのではありません。

地元を散歩していたら、仙川に行き当たりました。

地元ではマイナーな川です。つい最近「仙川水辺環境整備計画」通称仙川リメイクで整備されたとのこと。

そういえば以前、下水みたいな川が暗渠に流れていたな・・・

(地元ニュースにさっぱり関知してない二流住民なものでお赦しを。)

さて、いつもように能天気にお散歩していたら、楽園の入口のような表示に遭遇しました。

おいでおいでと小学生を誘い込んで売り飛ばしちまおうと狙うワナみたいな秘密の花園風の・・・

130503hanatuugaku5041

文字通り、そこは両側に季節の花咲く歩行者通路でした。

(その通学桃源郷の写真は取り忘れました。)

↓もう道が終るところ。

130503hanatuugaku5044

↓途中にかなり広いドッグラン(お犬様の運動場)あり。

画面中央左よりのエメラルドフェンスがその囲いです。

で、手前の無骨な物体は何でしょう。

130503hanatuugaku5042

これぞ、下水みたいな仙川に架かる橋の欄干と侵入防止の有刺鉄線付フェンスです。

↓フェンスの隙間から無理やり撮りました。

130503senkawa5043

この通り、情緒のかけらもない川でした。

(いや、それなりの風情があるかも。)

上の写真の橋など、名前が「無名橋4」というそっけないもの。

が、ワタクシここでいきなり、「オー、センカワ、ワンダホー!」と閃きまして、お散歩コースを仙川遡りに決定。

そうなればまっしぐら、というまでもなく、花の通学路が終るとすぐ桜堤サンヴァリエなるUR都市機構の素敵な団地がありまして、その脇がリメイク仙川です。

↓ちょっと行っただけでこんな雰囲気。おほほ、水辺でしょ。

130503sengawa46

水もきれいだし・・・

130503senkawa5047

鯉ももちろんいます。なんか呉れ、と寄ってきます。

130503senkawakoi5057

(↑もしかして別の場所だったかも・・・記憶曖昧)

んまあ、見事に水辺再生。

130503sengawa49

130503senkawa5048

ガキ、じゃなくて、ご近所のお坊ちゃん達が魚網で何かすくっていました。

↓そばの小さな池には、鴨のカップル。

130503senkawakamo5051

左の鴨が水に頭を突っ込んで次の瞬間、感電したみたいに頭がブルブル振動していました。

何事か。

ザリガニを捕まえたようで、活きが良すぎて暴れるザリガニに振り回されて、脳震盪起こしそうな勢いでブルブルブルッ。ちゃんと食べられたかしらん。

この池の水が流れ出て仙川を潤しています。

↓ここからね。

130503hanatuugaku5050

↓ですので、上流は涸れ川。

130503senkawa5052

↓うむ、この水は何の水でしょう。

130503senkawa5053

↓これも水溜りみたいな・・・

130503senkawa5054

↓もう少し行くと、カラカラのお花畑~

130503senkawa5055

仙川の発する地はさらに遡った小金井市のようです。

やはり暗渠が多いようですが、部分的に水が流れていたりするんでしょうか。

この次、小金井まで辿ってみましょ・・・

↓仙川とは関係ありませんが帰り道の、通称「独歩の森」と呼ばれる市内の自然林風公園。

130503doppo5058

正式名称は、境山野緑地(武蔵野市) です。

ネット情報によると、

北側部分は都立武蔵野青年の家跡地で、

南側部分(この写真↑)は国木田独歩の『武蔵野』の舞台であることから通称「独歩の森」と呼ばれています。〉

------------------------------------

この日歩いたのは、歩数計によると、別項の「お富士さん」などとあわせて、

歩数33341、距離16.6km、時間288min(4時間48分)・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年5月17日 (火)

地元は開発真っ最中

先週の土曜日、お天気が良かったのでご近所にトコトコとお散歩に行きました。

賑う街吉祥寺とは反対方向です。

玉川上水沿いに出て武蔵境駅方向へ行こうかな・・・・

浄水場そばの玉川上水にコンクリート橋が架かっていました。いつ出来たんだろ。計画道路「調布保谷線」の予定地ゆえ相応の橋が架かっても不思議はないのですが、あ~あ、また景観がぶち壊しになっちゃった・・・

「調布保谷線(三鷹武蔵野区間)環境施設帯の計画案について」
http://www.kensetsu.metro.tokyo.jp/kitanan/news/keikakuzu/keikakuzu.html

↓遠慮がちな小さな橋ではないか、と思いますか。これは歩行者用です。

110514ginnan2

車が通るのはその横のだだっ広い橋。写真は撮っていません。歩行者用が「ぎんなん橋」で、車用は「いちょうばし」だそうで、このネーミングセンスを誉めたものか腐したものか・・・

110514ginnan1

ぎんなん橋は「堀合遊歩道」にあります。この散歩道は玉川上水をはさんで北側が「グリーンパーク遊歩道」、南側が「堀合遊歩道」です。

今を遡ること約65年前、敗戦で米軍が進駐してきて、現在のグリーンパーク=武蔵野中央公園が米軍住宅地となり、娯楽用の野球場も作られ、現JR三鷹駅から球場まで観客を運ぶために鉄道を敷いたんだそうです。

しかし、折角の鉄道も結局「使えねえ~」かったのかその後廃線となり、跡地がそのまま遊歩道として残ったそうです。

参考にさせていただいたサイト記事:
「堀合・グリーンパーク遊歩道から武蔵関への道」
http://homepage3.nifty.com/k_harada/green/green.htm

緑豊かです。

110514horiai1

こんなものも残っています。

110514pump

途中の公園。おとぎの国でつか。

110514horiai2

実は「堀合遊歩道」側を歩くのは初めてです。理由は「橋が無かったから」。

今まではグリーンパーク遊歩道を歩いてきて、玉川上水にぶつかったところで、上水沿いの散歩に切り替えていました。その意味では感謝すべきか。う~ん・・・

近くの団地は花いっぱい。

110514hana2

110514hana1

美しき日本の初夏よ・・・と気分良く歩いていて出くわしました。中央線高架化の具体的な姿。電車に乗って通過している分には気づきませんでしたが、なるほどこんなになっていたのですか。昔は緑豊か(=草ぼうぼうかも)だったような記憶がありますが。

からっからの砂漠都市みたくなるのかしらん。

110514kouka

↓こちらは、買収途中の道路計画用地。まだ虫くい状態なので、鉄線で囲われております。道路開通したら近未来都市が姿を現すのでせうか。

110514douro

説明の看板。すんごい道路が出来そうです。

110514douro2

素人考えですが、大震災による原発事故なんぞを経験しました身としては、そろそろ文明の進化を止めてもいいんじゃないかとか思うんですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

おさんぽ1・ご近所うろうろ | おさんぽ1・武蔵野(三鷹北口 | おさんぽ1・武蔵野(吉祥寺 | おさんぽ1・武蔵野(武蔵境 | おさんぽ2・井の頭公園など | おさんぽ2・水道部/上水/川 | おさんぽ31・三鷹市 | おさんぽ31・小金井市 | おさんぽ31・府中市 | おさんぽ31・調布市 | おさんぽ31・野川と周辺公園 | おさんぽ3・国分寺市 | おさんぽ3・立川/国立市 | おさんぽ3・西東京/小平市 | おさんぽ4・世田谷区 | おさんぽ4・中野/杉並区 | おさんぽ4・練馬区 | おさんぽ4・都心の庭園/公園 | おさんぽ4・都心編 | おさんぽ・その他 | おさんぽ・博物館 | おさんぽ・美術館 | お散歩・クリスマスなど | お散歩・街角の変なもの | お散歩・街角の変な遊具とか | ちまちまいろいろ修理 | ちまちまご先祖様 | ちまちま介護もどき | ちまちま各種体験 | ちまちま懐古/回顧 | ちまちま日常 | ちまちま物想い | ちまちま箱遺伝子 | コモノ 人形 | コモノ 布・糸系 | コモノ 雑多な雑貨 | コモノ 顔のある雑貨 | コモノ 食器・盆・籠など | サンフランシスコ | パソコンToon Boom Studio trial | パソコンの悩み | パソコンの悩み 8.1 | パソコンの悩み DTP/PDF | パソコンの悩み Mac | パソコンの悩み XP | 動物・わんこ | 動物・ネズミ攻防編 | 動物・ムシ愛づる | 動物・猫 | 動物・鳩の子育て | 動物生物 | 文系(映画とか) | 文系(本とか) | 文系(本-家庭科系) | 文系(絵とか画集とか) | 文系(絵本・漫画・童謡だとか) | 文系(舞台とか) | 文系(音楽とか) | 暇つぶし講座 | 未整理 | 植物・あれこれ | 植物・かぼちゃ | 植物・きゅうり | 植物・ちまちま菜園 | 植物・アサガオ | 植物・ゴーヤカーテンなど | 植物・トマト | 植物・桜/花見 | 病気・ケガ・あれこれ | 病気・突発性難聴 | 病気未満の不健康と不眠と歯 | 自然・地震・噴火 | 自然・東京の雪 | 自然・空模様・お天気 | 食べる 飲む | 食べる・パンもどき | 食べる・怪料理 | 食べる・梅生姜花梨など | 食べる・発酵系 | 食べる・読む観る(買う) | 食べる・調理器具 | 馬鹿物件・お絵かき編 | 馬鹿物件・室内編